June 02, 2017

9回2アウトからまさかの

今日は東京ドームで行われたセ・パ交流戦『読売ジャイアンツ vs. オリックス・バファローズ』を元同僚と観戦して来ました。高校の偉大な先輩である長嶋さんに敬意を表して基本的には巨人ファンとはいえ、空が見えないドーム球場はあまり好きじゃ無いので年に数回しか来ませんが(狭いし、ビールも高いし、笑)、大概がユニフォームやTシャツを貰えるイベントゲームです。

そして今日のゲームは『橙魂2017』でオレンジユニフォームが貰える試合。今年のデザインはチームが着用するユニホームとは異なる胸のロゴ(筆記体)を採用した新しいデザインで、色も赤味が強い"濃いオレンジ"でした。「ビルの10階程度の高さはあるのでは?」と思えるような2階の一番後ろの席から見ると、レフトスタンドのビジター応援席以外は、スタンド全体が見事なダークオレンジ一色で壮観!

両チームともヒットが少なく淡々と進んだゲームは、6回まで1安打に抑えられていたジャイアンツが村田の2ランホームランで逆転し、その後も満塁から坂本のタイムリーで4対1。そのまま9回ツーアウントになり、帰り支度を始めようとしていると、、、マシソンが代打ロメロに特大のソロホームランを被弾。でも「まだ2点差あるので」っと思っていたら、、、その後も3連打を浴びて、な、なんと、まさかの同点!

9回裏に2死満塁となり、サヨナラのチャンスに代打の切り札亀井が登場しましたが、三振でそのまま延長戦へ。夜10時を超え、マッタリ感も漂い始めてダラダラと11回まで進むと、打率1割台の3番安達にホームランを打たれて勝ち越され、その後も追加点を取られて11回表を終わって2点のビハインド。それでも11回裏に長野のホームランで1点差とした後、坂本の二塁打でツーアウト2塁3塁と一打サヨナラのチャンスで再び亀井でしたが、バットの芯でとらえたライナーは、、、ライトの正面で万事休す。

最後の最後で盛り上がったとはいえ、あのまま行けば1時間半前には終わっていたであろう勝ちゲームを落として11年ぶりの8連敗となり、なんとも疲労感の高いゲームでした。交流戦未だ勝ち星なし、、、最近はジャイアンツへの関心度や想いは弱くなっているとはいえ、野球界を盛り上げる意味でも奮起して欲しいものです。


23:10:00 | tom | comments(0) | TrackBacks