May 03, 2017

オヤジツアー

今日5月3日からゴールデンウィークも後半戦に入ると共に、カレンダー通りでも5連休になる人達が多いので、高速道路下りの渋滞もピークの予想。そんな中、元同僚たちが”オヤジツアー”と称して年に数回レース観戦していたツアーに今回は混ぜてもらい、富士スピードウェイで開催されている『SUPER GT Round 富士GT500kmレース』を観戦しに来ました。

渋滞を少しでも避けるため、木更津に集合したのは午前5時。朝3時に起き自宅を4時ちょっと前に出て来ましたよ。それでも東名の横浜町田JCTから秦野中井までは断続的に渋滞していましたが、朝8時半には富士スピードウェイに到着できました。

午前中は晴れ渡っていて富士山が良く見えたものの、風が冷たくて長袖長ズボンに念のため持ってきたウルトラライトダウンのベストを着ていても、ちょっと寒いくらいでした。そして午後はうっすら雲がかかった天気が続きました。暑くはなくてよかったのですが、紫外線の量は多かったようで日焼けしました。

今回の私の関心ごとは、カーレースの本格的な写真を撮ること。一眼レフでスピード感を感じられるような写真を撮りたく、オヤジメンバーの中で写真好きの経験者が2人いたので、見よう見まねでトライしてみました。最初、ブレないようにシャッタースピードを速くしたら路面に停まっているようにしか見えなくて全く面白くない写真に・・・(汗)。

その後、シャッタースピードを1/50〜1/100秒の間で試行錯誤し、連射しては画像を確認してピンボケのを削除することを繰り返していました。光学83倍ズームのNikon P900でもトライしましたが、こちらは連射途中で保存モードになると其れが終わるまでは追加で撮影できないし、メカニカルシャッターの「カシャカシャ」音があった方がリズミカルで楽しいので、明日の決勝はSONY NEX-6のみで撮影しましょう。

ところで、オヤジだけのツアーだと、独りでは恥ずかしくて撮れないレースクィーンの写真も、社名とクィーンの紹介イベントの時に後方からズームでパチリ、パチリ撮っちゃいました。意外とカメラ目線のも多く撮れていて、図鑑のようなコラージュが出来ましたよ(笑)。

宿泊先は素泊まり3,500円の山中湖にある民宿『ききょう』。一見民家と変わらないような佇まいですが、海の家みたいで若い頃に戻った気がして、良い感じかもです。夜は居酒屋『ご馳走屋 うちわ』でオヤジ飲み。楽しい初日が終わりました!


23:50:00 | tom | comments(0) | TrackBacks