April 29, 2017

ビデオ判定

昨夜、高校野球部同期&後輩達と総勢4人で観戦した神宮球場の『東京ヤクルトスワローズ vs. 読売巨人軍』の試合は、ヤクルト先発の石川が珍しく乱調で初回にジャイアンツが一挙4点をあげ長い試合になりそうな予感でした。しかし、1回以降はトントン拍子にゲームが進み、終わってみたら3時間も掛からない試合で、9時ちょっと前にゲームセット。7対0でジャイアンツが大勝しました。

ところで、初回の4点のうち3点はマギーの3ランホームラン。全員長嶋さんの高校の野球部後輩なのに何故かライトスタンドに陣取っていた我々(しかも私はスワローズのTOKYO燕パワーユニホーム山田哲人バージョンを着ていたし。笑)の位置からはファールに思え、その後、真中監督が抗議してビデオ判定になりましたが、結果はそのままホームラン。

一方で、7回にランナー1塁・2塁で山田哲人が珍しくライト側に放った打球は、我々の方にどんどん向かって来てスタンドに入っちゃいました。黄色いポールのインフィールド側の幅が広くなっているネット部分に当たると思っていたら当たらなかったので、ファールだと思いましたが、判定はホームラン! 一瞬耳を疑いましたが、今シーズン未だ2本しかホームランがなく、打率も2割程度と低迷している山田哲人だったので「ご褒美としては良いかな」と思っていたら、ベースを1周した後に高橋監督が抗議して、再びビデオ判定に。

こちらは、やはり我々の目が正しかったようで判定が覆ってファールになりましたが、ビデオ判定は正確でした! もっとも、点差が点差だったので「高橋監督も見逃してくれても良かったのに、、、」って思っちゃいましたよ。でも、打った本人(山田)もベースを周りながら首を捻っていたので、分かっていたんでしょうね。

高校同期が持参した紙パック入りの焼酎いいちこ(+氷)をチビチビやりながらお喋りに夢中になり、毎度のようにゲームをあまり見ていませんでしたが、このボールだけはしっかりと見ていました(笑)。珍しいものも目の当たりに見れて、中々楽しかったです。


23:23:00 | tom | comments(0) | TrackBacks