March 19, 2017

ふくやまマラソン

実は今回の広島訪問のメインの目的は、福山市で行われる『ふくやまマラソン』に出走することでした。最長がハーフ(21.1km)の大会で、元紀が出走することを正月に知り、私も半年以上振りの広島訪問を兼ねて、エントリーして一緒に走ることにしたのです。尚、この週末は3連休で土曜日に成田を出発する便と月曜日に成田に戻る便はチケット代が結構高かったので、金曜日に広島入りして日曜日の今日の夜帰る便を取りました。

広島から福山までは結構遠く、新幹線を使うくらい離れていましたが、それでも"のぞみ"を使うと乗っている時間は24分。ハーフのスタートが12時50分と、この手の大会では一番遅いスタート時間のような気がしましたが、おかげで朝はゆっくりでき、広島発10時35分の新幹線で福山に向かいました。

会場の『竹ケ端運動公園陸上競技場』はJR福山駅から臨時直行バスで20分強掛かり、受付や着替え等でドタバタし、あまり余裕が無い状況でスタート。今回は見知らぬ地でのランニングだったので、記録よりも景色を楽しもうと思っていましたが、芦田川の河川敷を2周してから、ちょっと内側に入って2度折り返して競技場に戻るようなコースだったので、福山的な景色を愉しむには至らず。。。

前半は元紀に着いて行き結構いいペースで走っていましたが、最大で30mくらいは離された時があったものの、河川敷を1周終わった後の10km辺りの地点で彼に追いつき暫く並走。その後は私がちょっと前に出たものの、元紀を意識することなく自分のペースで走っていたら、いつの間にか、給水地点で停まっても追いつかれなくなりました。

結局私は1時間57分31秒でゴールしましたが、元紀のゴールシーンを撮ろうとゴールゲートの先で待っていても来る気配が無い。。。暫くしてから競技場に入って来たと思いきや、途中で走るのを止め、脚の攣りを気にしながら歩いている感じでした。結果的に私よりも20分弱遅い時間でゴール。「心臓や肺は至って元気なのに脚がぁ!」と言っていましたが、まあ、給水不足でしょう。でも、人生半世紀を超えているといえども、親父の威厳を大いに発揮です!(笑)

そしてJR福山駅に臨時直行バスで戻りましたが(河川敷の道路なので結構渋滞)、福山から広島空港へ行く高速バスの出発時間まで1時間10分くらいしか無かったものの、風呂に入ってサッパリしたかったので、ネットで見つけた近くの『スーパー銭湯 ゆらら』にタクシーで往復し(片道1.2kmなので歩けなくは無い距離ですが、何しろ時間が無い)、お風呂にいたのは20分程度だったものの、サッパリスッキリ出来ましたよ。

私はバスの中で"水分補給"と称してトリスハイボールの濃いめを2缶ほど嗜みながら、乗り込む前にセブンイレブンで買った唐揚げやおつまみで失ったエネルギーを補給し、2泊3日の広島弾丸旅行の帰路に就きました。元紀の1年弱の広島生活の最後を飾るに相応しい、とても盛り沢山で中身の濃い充実した3日間でした!


23:53:00 | tom | comments(0) | TrackBacks