December 26, 2017

東京ミチテラス

代休の昨日は、山梨の富士川町で”昇るダイヤモンド富士”を観た後にとんぼ返りし、近所のホームセンターで洗車して貰ったあと自宅に戻って若干仕事をしてから『東京ミチテラス』に向かいました。もし東京ミチテラス鑑賞の予定が入っていなければ、ゆっくりと南アルプルの風景の撮影をしながらランチで餺飥(ほうとう)でも食べて帰って来れたのでしょうが、東京ミチテラス鑑賞の約束の方が先だったし、開催期間が短い中でピンポイントで昨日を指定されたのでノーチョイスでした。

そして其の約束の相手は家内だったのですが、先日「今年”最後”の紅葉観賞を今年家内と”初”観賞」的なことを日記に書きましたけど、数多く寄っているイルミネーションに関しても、実は家内と観るのは今年”初”でした。

こんな書き方をすると、「別の女性と?」なんて在らぬ疑惑を持たれたそうですが(笑)、イルミネーションなんて男同士で観るようなものでは無いし(特にオッさん同士)、元来じっくりと鑑賞するよりも写真に納めてFacebookでシェアする"取材目的"で行っているような感じなので、独りの場合が殆どなのです。実際、独りの方が気楽だし、相手の意向や状況を考えずにイルミネーションのハシゴなんてのも自由気ままに出来ちゃいますからね。

『東京ミチテラス』の開催期間は12/24から28日までの5日間で、私が行けるのは25、26、27日だったのですが、わたし的には出勤する26と27日が良かったものの、家内のパートが終わるのが16時で、私の仕事が終わる時間(17時30分)まで待つのは嫌そうだったので、代休だった昨日、仕事後の家内と落ち合って観ることにしたのです。

一般的な会社の退社時間よりも早く行けば空いているかと思いきや、『東京ミチテラス』の開始時間17時の15分前に着いた時には既に結構な行列が出来ていました。基本的には、御幸通りに作られた複数のフラワーアート作品で構成され花と光が一体となった『フラワーガーデン』を移動しながら観る感じで、ゆっくり写真を撮っているような雰囲気では無かったのですが、新しくなった東京駅丸の内駅前広場に作られた動輪型のオブジェ『願いのリング』と、丸の内駅舎に投影されたプロジェクションマップ(花びらのロウソクに見立てた『祝祭のキャンドル』)がメチャ綺麗でした。

丸の内仲通りには『ビッグ・フラワーボックス』が、そして東京サンケイビルに『フラワー・タワー』、東京国際フォーラムに『オーバル・フラワー』なども飾られていたようですが、夕方になって急激に寒くなった影響か、家内が「頭が痛くなってきた」と言い出したので(かき氷を早いスピードで食べた時と同じ?)、丸ビルの『花で彩るクリスマス』とKITTEのツリー『WHITE KITTE』だけを駆け足で観て帰路に就きました。

なお、帰宅途中で晩飯を食べましたが、場所は本八幡駅前の『あきんどスシロー』。長らく夫婦などしていると、二人でイルミネーション鑑賞した後でもムード無しです(笑)。


23:28:00 | tom | comments(0) | TrackBacks