December 20, 2017

ロシア料理

今日は『秋葉原より東で飲む会』の忘年会が錦糸町のロシアレストラン『スカズカ』で催されました。尚、このお店を推薦してくれたTさんはインフルエンザを発症して欠席という残念なことになりましたが、おかげで初めて?のロシア料理にありつけました。Tさん、ありがとう&お大事に!

ところで「ロシア料理」と聞いても俄かにはどんな料理だかイメージがわかなかったのと、当然ながらウォッカ以外の料理の名前も出て来なかったのですが(ウォッカは料理ではないって?笑)、、、"【飲み放題付】ボルシチ含むお料理5品コース"は、こんなメニューでした。
・サラダ(ニシン or オリビエ)
・ボルシチ
・ピロシキ
・メインディッシュ 肉料理 or 魚料理
・クレープ(選べるソース:サワークリーム、イチゴジャム、ブルーベリージャム)

なお、飲み放題のメニューは"赤・白ワイン、生ビール"という内容でウォッカは無く、また、ワインも"カリフォルニア産"のカルロロッシで、ロシア感無しでした(笑)。

"ボルシチ"はその名前を少なからず聞いたことはありましたが、あらためてググるとWikipediaでは以下のような説明でした。
**************
テーブルビートとタマネギ、ニンジン、キャベツ、牛肉などの材料を炒めてから、スープでじっくり煮込んで作る。但し、スープの中身は決まっているわけではない。それ以外の具としてソーセージ、ハム、ベーコン、肉だんご、鶏肉などの肉類や魚のから揚げ、ズッキーニ、リンゴ、インゲンマメなどを使ったりもする。ボルシチの素材は地域によって異なり、特にウクライナでは地方ごとに40種類以上のバリエーションがあるが、いずれもスメタナ(サワークリーム)を混ぜて食べることと、主材料にテーブルビートを使用している点は共通している。仕上げに入れるハーブはディルが多いがイタリアンパセリでも代用ができる。
**************

そして"ピロシキ"もよく聞く名前で、"ちょっと硬めの薄味カレーパン"的なイメージでしたが、これもググると「東欧料理の惣菜パンである。主にウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどで好まれている。」との説明でした(By Wikipedia)。今夜のピロシキはカレーの味は殆ど無かったので、ほんと、"総菜パン"という説明がぴったりでしたよ。

そしてメインディッシュはグラタン風の料理でしたが、肉と魚をミックスして頼んだので、皆でシェアしながら食べました。う〜ん、今宵もよく食べてよく飲んだ!赤ワインはボトルを何本空けたんだろ? 水曜日なので先週の土曜日のような迷走もなく、まっすぐ帰宅しましたけどね。ただし、気がついたらリビングのコタツに入ったまま朝3時30分でした(汗)。


23:00:00 | tom | comments(0) | TrackBacks