October 02, 2017

TV用無線子機の設定で四苦八苦

長くて内容的にもつまらないと思いますが、備忘録です(笑)。

自宅のテレビ(BRAVIA KDL-40HX80R)の録画予約が外出先からスマホで出来て便利に活用していた『Video & TV SideView』アプリが、数ヶ月前からテレビに繋がらなくなって録画予約出来なくなっていたのですが、この週末は比較的時間があったので確認してみると、テレビに繋げてあったLAN端子用無線子機(Logotec製 LAN-PW150N/CV)が壊れたようで、電源が入らなくなっていました。

この製品自体は既に販売中止になっていたので、「TV 無線子機」でググるとBUFFALO製の『テレビ用かんたん無線LANユニット(WLI-UTX-AG300)』という製品がヒットし、テレビにUSBポートがあれば電源アダプタ不要で接続出来るタイプなのでスマート。しかも、テレビのLANポートとLANケーブルで接続する汎用タイプなので、我が家のBRAVIAでも使えそうです。

試しにメルカリで"WLI-UTX-AG300"を検索してみると、Amazonよりも安い価格で出品されていたので、土曜日にポチして今日自宅に届いていました。出品者曰く「1度しか使わなかった」とのことでしたが、まさに新品同様。もっとも、テレビの裏に隠れる場所に設置するモノなので、無線LAN子機として動作すればOKですけどね。

仕事が比較的忙しく自宅に帰宅したのは21時くらいでしたが、無線LAN親機(NEC製Wi-Fiルータ)の「らくらくスタート」ボタンを押し、AG300の「AOSS」ボタンを押せば超簡単に繋がると思いきや、、、何度トライしても親機のインジケータが「らくらく無線スタートの設定が失敗したとき」の赤色に点灯して接続出来ない。。。距離の問題かと思い1m以内で実施しても解決しませんでした。

「らくらくスタート」は諦めて手動で設定することにし、AG300の製品ページを詳しく見てみると、同梱の「らくらく!セットアップシート」には記載されていない手動での設定方法が「WLI-UTX-AG300 設定ガイド」のページに載っていたので、その内容に従って設定しました。尚、Windows編とMac編がありましたが、普段使いのMacBook ProにはAG300とLANケーブルを繋ぐEthernetポートが無いので、星奈が大学のレポート作成用で買ったWindowsパソコンで実施しました。

設定ガイドの「AOSSやWPSに対応していない無線親機との接続(Windows編)」に従って「LAN端子用 無線子機設定ツール」をインストールして起動すると、ガイドの内容に従って順調に進んでいけましたが、最後の最後で「対象の子機が見つからなくなりました。」というエラーが出て成功しません。何度か試みるもダメなので、ネットで「AG300 対象の子機が見つからなくなりました」で検索すると同様の現象がありましたが、そこの記載があった暗号化方式を変えて実施しても解決しません。。。

既に23時を過ぎていたのですが、「AOSSやWPSに対応していない無線親機との接続(Mac編)」もあったので、半ば駄目元で古いEthernetポート付きのMacBook Proまで引っ張り出し、その内容に沿って設定していくと、、、な、なんと、、、あっけないくらい簡単に設定できちゃいました! 早速『Video & TV SideView』アプリとテレビの設定をし接続してみましたが、見事、iPhone内のアプリの番組表から録画予約が出来ました!

このてのWiFiルーターなどのコンピュータ周辺機器は、日本では圧倒的にWindowsパソコン用にラインアップされており、今回もWindowsだけに『LAN端子用 無線子機設定ツール』があるくらいだったので、Macで手動で設定できる可能性を真剣には考えていなかったのですが、意外と簡単だったので、先入観は持たない方が良さそうです。おそらく、macOSがUNIXベースのOSXになってからは比較的シンプルで普遍的なので、手動でも成せる技なのかもしれません。

何はともあれ、自宅のメインのテレビが再びインターネットに繋がるようになって一安心です。設定完了時刻は23時30分でしたが(汗)。


23:03:00 | tom | comments(0) | TrackBacks