January 28, 2017

スノーシュー@黒斑山

今日は高校同窓生達と総勢5名で、長野県の黒斑山にスノーシューしに行って来ました。山ガール同窓生のN嬢から話が挙がった時は「”スノーシュー”って何?」状態でしたが、スノーシューを履いて雪原をトレッキングすることでした(汗)。雪国生まれの私には「スノーシュー=カンジキ」をイメージしますが、トレッキングに使うのは結構オシャレです。

もっとも、今回のトレッキングはアイゼンでも大丈夫とのことだったので、昨夏の白馬登山に行く時に買った6爪のアイゼンで挑みましたが、結果、全く問題なく楽しめました。時々、ズボッと膝下の半分くらいまでトレッキングシューズが雪の中に潜る時もありましたが、ロングスパッツのレッグカバーを装着していたので、これまた没問題。

しかし、普段の行いが良いメンバーが多かったのか、はたまた私の"晴れ男パワー"全開なのか、見事に、見事に晴れ渡った空で、富士山や中央アルプス、北アルプスまで綺麗に見えました。冠雪している山脈を180度に渡って遠くに眺めることができ、まさに絶景でした! トーミの頭からの眺めは、地球が丸いのを実感させてくれる大パノラマ。素晴らしすぎる眺めでしたよ!

そして雪原のトレッキングは、雪を踏んだ時の「ぎゅ、ぎゅ」って音がなんとも懐かしく、マイナス5度程度の気温とはいえ山を登ると結構汗ばみ、「身体は暑くて顔は冷んやり」という"あつ冷んやり"状態で、これまた気持ち良かったです。2,000m超えてる場所なので(黒斑山は標高2,404m)、若干薄いと思われる酸素の感覚も"トレッキングハイ"を醸し出し、綺麗に澄んだ空気感が余計に堪能できた気がします。

行きは東京駅から新幹線+佐久平からバス、帰りは高速バスでバスタ新宿着と楽々アクセス。行きの新幹線に乗るなりハイボールとアーモンドでの朝食、下山して高峰高原ホテルのレストランで「あつあつ煮込みハンバーグ」を食べた時には赤ワイン、そしてホテル内の「こまくさの湯」でひとっ風呂浴びて「The 軽井沢ビール プレミアム・ダーク」を嗜み、帰りのバスの中では東京駅で買った300ml缶の勝沼赤ワインを堪能。電車 or バス旅行の大きなメリットです(笑)。


23:24:00 | tom | comments(0) | TrackBacks