June 30, 2017

インターネットカフェ初体験

今日は梅雨らしいメチャクチャ蒸し暑い天気でしたが、午後から某国ビザ取得にために外出し、取得後はそのまま直帰しました。但し、夜は高校時代の野球部同期&後輩達と飲み会があったので、時間調整のために初めてインターネットカフェを使ってみました。

スタバも考えましたが、個室のリクライニングチェアでリラックスでき、夕方のニュースなどもTVで見られそうなので、初体験も兼ねてネカフェに行くことに。2時間1,050円でエアコンが寒く感じるくらいにガンガンに効いていましたが、おかけでジメジメ感は全くなく快適でしたよ。

今日は特にDVDや漫画などは借りませんでしたが、時間調整を兼ねて映画鑑賞などにも利用できそうですね。終電がなくなった時も、タクシーやホテル利用するよりは断然に安いですが空いていなそうな予感。今日利用した宝島24(水道橋店)は禁煙ルームもあり、タバコ臭さも全く無くて快適でした。


23:38:00 | tom | comments(3) | TrackBacks

June 29, 2017

Mr. Children:ミスチル

一昨日の日記で匂わせたアーティストのコンサートに今晩行って来ました。はい、『Mr. Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』です。東京ドームで18時から開演だったので、7時30分の早出で16時30分に早上がりして臨みましたよ。なお、日向に弱い家内とは昼間のイベントには中々一緒に行けませんが(嗜好が合うイベントも多くは無いし、汗)、ミスチルは彼女も好きなアーティストの1つだし、夜でしかも(エアコンが効いている)ドームだったので、彼女の仕事帰りに合流して一緒に行けました。

ミスチルは、「もしチャンスがあったらライブコンサートに一度は行ってみたい」と思っていたアーティストの1つで、おそらく、その中でも1番行きたいと思っていたアーティストかも知れません(他には、サザン、福山かなぁ)。私が初めてミスチルの楽曲をTV等で聴いたのは何時だったか覚えていませんが、"Mr. Children"というアーティストを意識したのは、最初にヒットした「CROSS ROAD」ではなく「innocent world」だったと思います。

そして次のシングル「Tomorrow never knows」も強烈に私の琴線に触れ、1994〜1996に年の半分くらいマレーシアに長期出張していた時には、クアラルンプールのカラオケラウンジで「innocent world」と共によく歌いましたよ。キーが高くて最初は上手く歌えませんでしたが、喉も訓練されてくるのか、次第に声が裏返らずに歌えるようになりましたけどね(笑)。

その後、マレーシアを初めとした海外駐在中の12年間は彼らの新曲に触れる機会は殆どなかったのですが、帰国した2008年に、山ピー、がっきー、そして戸田恵梨香が出演していたTVドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の主題歌だった「HANABI」で久し振りに桜井さんの魂のような歌声に感化され、古巣ペナンの工場への出張が再び増えた2009年に、カラオケラウンジに通ってよく歌いました(笑)。

ということで何かと思い入れが強いミスチルですが、今年でデヴュー25周年を記念しての今回のツアー、今宵は私の大好きな上記2曲を含め、往年のヒット曲をたくさん披露してくれました。ただ、、、アンコール時を含めて最後の最後まで待っていた「HANABI」が無かったのが、わたし的にはちょっと残念で消化不良ぎみ、、、結果的にコンサートの後半は知らない楽曲が多かったですしね。。。まあ、来れただけでラッキーであり、贅沢な望みですよね。

ということで、私が知っている楽曲と曲名検索アプリSoundHoundで認識できた今宵の楽曲は以下の通りです。
・シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
・GIFT
・君が好き
・ヒカリノアトリエ
・CROSS ROAD
・innocent world
・Tomorrow never knows
・抱きしめたい
・Any
・名もなき詩
・1999年、夏、沖縄
・himawari
・足音 〜Be Strong
・エソラ
・蘇生

3時間半近くに渡たる感動の時間でした! なお、ドームでコンサートを拝観するのは初めてでしたが、2階席だと傾斜の角度が急なので、前の人が立っても自分は立つことなく観られ、この長丁場のコンサートを終始座ったままで観られました(笑)。私は"あまり立ちたく無い派"なので、ドームの2階席はGOODかも。


23:05:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 28, 2017

ハムスター

我が家では犬や猫を飼ったことは無いのですが、ハムスターが時々います。”時々”と書いたのは、海外駐在する時に知人にあげたり、また途中で亡くなったこともあって、いない期間が暫くあったからです。

そして5年くらい不在が続いた後、大学進学を機に「絶対にちゃんと世話するから」という星奈の約束のもと、今年の3月末から再びハムスターが我が家にやって来ました。その名は"チャオ(ciao)"。我が家では星奈を"茶々乃(ちゃちゃの)"と呼ぶことが多いのですが、その愛称と茶色混じりのハムスターの色を掛け合わせ、更に雄なので"茶雄" = "チャオ"。

最近では東京近郊でも結構雷が鳴りますが、4月の上旬の夜中にふと目が覚めると、「ゴロゴロ、ゴロゴロ」と遠くから雷鳴のような音が聞こえてくる気がしたので、その時は「遠くで雷が鳴っている・・・」程度に思っていました。でも、普通は雷などあまり多くは無いはずの春先なのに、それが何日も続くので、家内に「最近、夜中に遠くから雷の音が聞こえてくることが多いんだけど、気にならない?」と尋いたところ、「それ、チャオじゃない?」と言われました。

で、早めに寝落ちって夜中の3時くらいに目が覚めた時に、その雷鳴のような音がまた鳴っていたので、チャオがいる部屋に行ってみたところ、回し車の中を引っ切り無しに走り続けているチャオがいて、その回し車が回る音が「ゴロゴロ、ゴロゴロ」と、壁を隔てた隣の部屋で聞くよりも大きな音で鳴り続けていました。

ということで、私が1週間くらい雷だと思っていた音は、チャオが夜中に走り回っている音でした(汗)。せっかくなので調べてみると、ハムスターは夜行性で、一晩に3kmくらい走っちゃうんだとか。。。そして昨日も今日も明日も、我が家の睡眠時間帯には、隣の部屋から「ゴロゴロ、ゴロゴロ」と雷鳴のような音が終始聞こえてくるのでした。


23:07:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 27, 2017

ヤフオクは朝終了のを狙え?

実はこの1週間くらい、某人気アーティストのコンサートのチケットを入手したく、チケットキャンプヤフオク!メルカリで物色していたのですが、定価に対して2割以上高い場合は入札しないようにしていました。元々「行けたらいいなぁ」くらいの感覚でしたし、営利目的で価格を吊り上げるチケット転売に関しては、異を称えているので。。。

コンサートのチケットなので出品が一番多いのはチケットキャンプなのですが、ここは購入側の競争が殆んど無く(即決が多く、早い者勝ち)、最初から定価より3割以上高い金額での出品が殆どなので(これはこれで、チケットキャンプ側には対策を考えて欲しいのですが)、チケットキャンプにはあまり期待せず、ヤフオクを重点的にウォッチしていました。

しかし、超有名アーティストなので(コンサート後の日記に書くので、今は内緒。笑)、ヤフオクといえども即決は定価の倍以上の強きの価格設定の出品が多く、最初の入札価格が安く設定されている出品も、最終的な落札価格が定価より3割以上高くなった場合が殆んどで、実際に私が入札した出品も「これ以上の金額は無理!」って価格になった時点で諦めたのが5件くらいあったと思います。

週末に入札していた1件も其の時の入札価格が定価相当だったので、「早々に高値更新されるだろう」と思って別の1件にも入札しちゃっていたのですが、休日出勤だった日曜日の朝、ヤフオクアプリでアラートが出ていたので見てみると、な、なんと、前者の1件が入札時と殆ど変わらない価格で落札出来ているではないですか! こうなると「入札中のもう1件も落札出来ちゃったらどうしよう?」と思いましたが、こちらは早々に高値更新され、最終的には定価よりも7割程度高い価格で落札されましたよ。

「この差は何?」と思ったのですが、後者は比較的前の席とはいえ元々同じ定価ですし、その前に入札途中で諦めたのには、もっと後ろの席のも数件ありました、、、で、あくまでも推測ですが、おそらく"終了時間が深夜か朝かの違い"だったのではないでしょうか。

その昔(もう15年くらい前)、古いコンピューターや周辺機器などを積極的にヤフオクに出品していた時、夜の12時くらいを終了時間に設定しておくと、終了時間間際に数人の入札者で高値更新が繰り返され、比較的高い金額で売れた場合が少なからずありました。のちに、"ヤフオクで儲ける"的なハウツー本でも言及されていましたが、少しでも高く売るには、ヤフオクをウォッチしている人が多い、夜11時から深夜1時くらい迄を終了時間に設定しておくと良いとのこと。

そして今回はその逆で、定価+α程度の価格で落札出来ちゃったチケットの終了時間は朝6時半くらいだったので、ライバル達が油断して入る間に終了しちゃったのではないでしょうか。しかも日曜日の朝で未だ寝ていた人も多かったと思いますからね(笑)。

ということで、欲しい物がヤフオクで複数出品されている場合には、終了時間が朝で、更に終末に終わるのに入札すると、比較的リーズナブルな価格で入手できそうです(あくまでも経験値)。誰のコンサートに行くかは、、、数日後のFacebookや日記でお知らせしますね。ヒントは、「結構昔から、幾つかの楽曲が私のカラオケのレパートリーになっているアーティスト」ですが、生で聴くのは初めてなので超楽しみです!


23:22:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 26, 2017

配当金

1990年代の金融ビッグバン以降、「貯蓄から投資へ」のキャッチフレーズが叫ばれてましたが、日本の場合は個人資産の多くが未だに現金(タンス貯金)か預貯金だそうです。具体的には、現金・預金が資産の約53%で、株式は約9%、投信もたったの約5%とのこと。それに対して米国は、預金・現金で保有している割合は約15%と低く、株式で運用している割合が約22%で投信が約13%!

米国の個人金融資産が約6,800兆円なのに対して、日本の個人金融資産は約1644兆円なので約4倍の開きがありますが、人口の比率(約3億人 vs 約1.2億人)を加味すると一人当たりでは米国が1.6倍程度多いことになります。ただし、NYダウと日経平均の数字がほぼ同じ = ドル円の為替を考えると、株式市場の規模は約110倍の開きがあるんですよね。

なんで急にそんなことを思ったかというと、この時期、日本では株主総会が開催される企業が多く、それに前後して配当金の案内が来ますが、私が持っている株式の中で最近案内が来た2社からは、以下のような配当金が貰えました。
豊田自動織機:約68万円の取得額に対して、5,000円強
トプコン:約140万円の取得額に対して、3,000円強

一方で、日本の個人資産の半分以上である預貯金の場合、今の普通預金の利息は年0.001%くらいと超低金利なので、100万円を預けていても1年間の利息は、たったの10円。。。1,000万円でも年に100円ですから、ATMで時間外に1回降ろしたら手数料で利息が全部無くなってしまう金額です。

もちろん、株式の場合は株価によって売却時に損失が出るリスクはありますし、タカタや東芝のニュースを聞かされたら株式投資は怖くなるかも知れませんが、それは全体から見たら稀な例外であり、ある時点で含み損はあっても売却しない限りは実損は出ない一方で、持ち続けていれば年に1回上記のような配当が有り、普通預金の利息に比べたら圧倒的に高いのです。

日本の場合、「投資 = お金儲け = 悪」的なイメージが未だにあるせいか金融リテラシーも低いし、子供達に対して"お金"関係の教育も全くして来ないので、知らず知らずのうちに「お金は銀行に預けとけば良い」的になっちゃうんでしょうね。

そういう私も株式投資を始めたのは40近くからであり、大して利益を得たわけではありませんが、上記のように銀行の利息よりは配当の方が圧倒的に良いし、何よりも経済を勉強するようになるので、やらない手はないと思います。日本の個人資産の20%が株式や投信に流れるだけでも、だいぶ活況を呈すると思うんですけどね。


23:00:00 | tom | comments(0) | TrackBacks