October 23, 2016

ちばアクアラインマラソン

今日は私にとって人生3度目のフルマラソン(3回が全て、この1年以内ですが)の『ちばアクアラインマラソン2016』、一般枠の抽選で落選したのに追加枠で走れるという幸運さもあり、普段は歩くことも出来ない自動車専用道路のアクアラインの橋の上を走れるのを超楽しみにしていました。

この手の橋は結構な坂なので、今回は記録を狙うのではなく、キロ6分強のペースで楽しみながら5時間程度で走ろうと思っていましたが、、、結果的には25km以降がメチャクチャ辛かったながらも、5時間8分だったので、まあ良しとしましょう!

今回の誤算は、
・スタート時間が10時!ということは一番暑い時間帯を走る?でも曇りの予報だから良いか
・曇りの予報だったのに、思いっきり晴れてるじゃん!
・足の裏が痛くならないような靴下選んだつもりなのに、中盤からヒリヒリ

これらが影響したのか、25kmを超えてからは両脚の脹脛と太腿の攣りとの戦いでした。初め、走っていた時に右足の脹脛が「ピクッ、ピクッ」と違和感があったので停まると、いきなり両脚の太腿が攣りそうで痛くなりました!

その後は、走って脹脛に違和感が来て攣りそうになると一旦歩くということの繰り返しでしたが、歩くと太腿が必ず攣りそうになって痛いという状態でした。脹脛とダブルの場合もあったし、攣りそうな部分を触るとカチカチ(汗)。一時は「最後まで走れるのかなぁ? 肉離れとかになっちゃったら、無理だろうし、、、」と不安になりましたが、なんとか完走出来て良かったですよ。

でも誤算の中で嬉しかったのは、アクアラインの橋の上を走っている時に曇天ではなく晴天だったこと。東京湾が綺麗に見え、風もそれほど強くはなく、とても気持ちよく走れました。ついつい自撮りも含めた写真をたくさん撮っちゃいましたよ。まさに「海を走ろう〜アクアラインの風にのって〜」でした!

もっとも、アクアラインは前半で終わっちゃったので、それ以降はモチベーションが一気に下がり、攣りとの戦いもあって、「う〜ん、アクアラインマラソンはハーフで充分かも」と思いました。実際、ハーフの方が競争率も高かったみたいですし、埼玉県の市民ランナー川口さんもハーフでの参加だったそうですしね。

しかし、普段走っている距離がMaxで25km程度だからなのか、ハーフ程度の距離なら身体へのダメージは全くと言っていいほど無いのですが、フルは別物ですよね。今回もハーフなら足が攣ることもなく辛いと思うこともなく終わったので、今後はハーフを中心に参加したいと改めて思いましたよ。でも、東京や横浜、そして海外のマラソン大会は、今回同様5時間前後でフルを走りたいとは思っています。辛くならない状態でね(笑)。


23:14:00 | tom | comments(0) | TrackBacks