November 15, 2015

銚子半島ハーフマラソン

3月からランニングを始めた私ですが、それから8ヶ月後の今日、人生初の公式レース「銚子半島ハーフマラソン」に元紀と一緒に参加してきました。彼とは1ヶ月後のホノルルマラソンを一緒に走るので、その前哨戦です。

事前に送られてきた案内に従い、イオンモール銚子にクルマを停めてシャトルバスで会場の銚子マリーナへ向かいましたが、手荷物預けが結構混んでいて、スタート会場に着いた時はほぼスタート時間でしたよ。

スタート時は小雨が降り続いていましたが、往路を終える頃にはすっかり上がりました。ただ、靴の中が結構濡れていて後半は足がふやけてマメが出来そうな感じ。。。更に、残り3km程度の時点で、往路では追い抜いた犬吠埼燈台を模した被り物を被っていた人が復路ではスパートして追い抜いてきているとの情報が入ったので、その姿をiPhoneのカメラで撮影しようと、走りに集中せずにあれこれしていたら、横っ腹が痛くなってきちゃいました。。。

復路の途中から親父のことなど全く気にしなくなってマイペースで走っていた元紀には、此処まで着いていましたが、横っ腹が痛くなってからは追うのは止め、足のマメと横っ腹の痛みを堪えて完走した結果は、、、
私 :2時間5分58秒
元紀:2時間4分41秒

う〜ん、ハーフなので2時間切れるのではと思っていましたが、多くの人達が一斉に走っててアップダウンもあるレースでは、そんなに簡単ではありませんね。。。でも、普段はランニングでは走れないクルマが走る道路を悠々自適に走れて爽快だったし、沿道で応援してくれる人達の声援も心強かっです。沿道の人達とハイタッチも結構しちゃいましたよ。

銚子半島ハーフマラソンには"さんまマラソン"という別名が付いているだけあって、走った後には応援者も含めて秋刀魚が振る舞われたのですが、メインスポンサーのヤマサ醤油が掛かった大根おろしと共に、とても美味しかったです!

前哨戦での教訓は、
・走っている時は走り集中すること
・給水所での水分補給の時は、走りながら飲むのは難しので歩いて飲むこと
・雨が降った時のレースでは、場合によっては途中で靴下を捨てた方が良いかも
もし、今日のように横っ腹の痛みと足のマメが20km程度のところで起きたら、それからの半分は相当辛いと思うので、人生初のフルマラソンの前に、ハーフとはいえ雨の公式レースを走っといて良かったです。


20:23:18 | tom | comments(0) | TrackBacks