January 20, 2014

サラリーマン金太郎って時代の先端を行ってる!

この日記にも何度か登場しましたが、12月から無料で読み始めた「サラリーマン金太郎」と、その続編である「サラリーマン金太郎 マネーウォーズ編」と「新サラリーマン金太郎」を読破しました! 結果的に全部無料で読みましたよ(1日30分だけ無料で読めるというのに我慢出来なかった人は、アプリ内課金で「体力回復ポイント」を買ったようですが、笑)。

読破する前のサラリーマン金太郎のイメージは、単に「族あがりで型破りのサラリーマン」でしたが、実際に全部読破してみると、時代の最先端を行っているような職業に就いていたり行動していることが多く、ある意味、私が尊敬する「島 耕作」よりも先を行っている感じでした。具体的には、以下の通りです。

・リストラされたメンバーがMBOで会社をつくる(後に、本社と立場が逆転)
・アラビア語、英語をネイティブ並みの訛りで操る
・アメリカの大学に留学(結果的には中退だが)
・外資に勤務(そこのオーナーに見初められるのは、マンガならでは。笑)
・金融投資で大活躍(ヘッジファンドマネージャーとして破格の収入を得る)
・オイルマネーに沸く中東に目をつける
・環境対策で投資を呼び込む
・田舎の町をエネルギー特区に築き上げる
・その際に、メタンハイドレートに目をつける
・ネット書籍対応で老舗出版会社を大改革

金太郎はバリバリに他の人を引っ張って行くタイプなので、何もしていないのに出会う人達のおかげで結果オーライになる島耕作に私は成れても、金太郎には成れないとは思いますが(笑)、明るく前向きになれるマンガでした。意外と、最先端のことも勉強になりますしね! お勧めです。


21:28:44 | tom | comments(0) | TrackBacks