March 31, 2014

マリンスポーツ三昧の筈が・・・

今回の沖縄旅行で天気が一番良さそうだったのが今日だったので、マリンスポーツ関係は今日に集中させました。ラッキーにも、このホテルの30周年アニバーサリー特典でホテル内のアクティビティが滞在中は半額になるので(もっとも、半額になってやっと市価と同じくらいですが、笑)、今日のマリンスポーツ関係はホテル内のリゾートですることにしました。

朝食のあと、ロビーフロアのリゾートセンターで申し込んだのは、パラセーリング、シーウォーク、ビーチシュノーケリング。いずれも星奈と二人です(家内は水系のアクティビティは苦手、、、)。彼女が特に楽しみにしていたのはパラセーリングでしたが(元紀は結構してたけど、星奈は未経験)、残念ながら引っ張るボートが故障しちゃったようで今日は中止。。。その時間はシュノーケリングを前倒しで持ってきました。

いくら沖縄でも、この時期の水温は未だ未だ冷たいのですね。今日が曇りだっからではありませんが、ウェットスーツ無しでは水に浸かるのが厳しいほどでした。星奈はシュノーケリング初めてだったのを知ったのは今日でしたが(なにぶん、南国での生活が長かったので彼女も経験済みだと思ってました、汗)、そつなくこなしていましたよ。

かえって私の方が、潜りには慣れてるけど潜れないシュノーケリングではマスクの圧が弱くて水が入ってくることが多かったり、撮りたい写真が中々撮れなかったりで戸惑っていましたよ(汗)。彼女が生まれて初めてスキーした日に直滑降であっという間に滑り終えるのを覚えちゃったように、親父に似てアドベンチャー系の運動神経は良いようです(笑)。

もっとも、実際は途中で海水が鼻に入ったり飲んじゃったりして上がりたかったようですが、そこで簡単に諦めず最後まで全うするところも、我が娘ながら根性が座っている(単に言い出せないだけ?)と思いました。上がってみたら、「今度はバナナボート遣ろうよ!」とメチャクチャ積極的でしたけどね(笑)。

昼食の後はシーウォーク。スケジュール的に独りでスキューバダイビングに行けない中、私にとってはこれがメインイベントかも知れません。でも、視界が正面から左右に切り替わるときに歪みが大きく距離感が掴めず、あまちゃんの南部もぐりを思い出させるシーウォークの装置よりも、タンクを背負って潜るスキューバの方が自由が高くて10倍いいと思いましたよ。もちろん、ライセンスが無い人でも手軽に出来て顔や髪も濡れないシーウォークはGOODですが、スキューバダイビングの経験者が遣るアクティビティではないと思いました。

ただし、星奈はこれで潜水の味をしめたようで、「もっと潜りたい!もっと魚と遊びたい!」と連発していました。午後からは天気がどんどん悪くなり、雨は降っていなかったもののマリンスポーツには厳しかったのでバナナボートは諦め、キャンドル造り体験に矛先を変えて彼女の失望は収まりましたが。。。

その後は万座毛で像の鼻型の断崖を拝み(10分程度の滞在でしたが、多くの観光客、特に中国系の人で賑わっていました)、ディナーを兼ねてアメリカンビレッジに繰り出しました。夕べ行った国際通りのようなエリアをイメージしていましたが、イオンモール幕張新都心よりも狭そうなエリア一角だけでした。。。アメリカ人もそれほど多くありませんでしたが、道中、嘉手納飛行場を横手に見ながらの運転は、遊びで来ているとはいえ感慨深いものがありました。

結果的には昨日よりも今日の方が天気が悪く、マリンスポーツも万座毛での夕日鑑賞も消化不良でしたが、これもまた神様が、「もう1回来なさいね!」と言っているのだと受け止め再訪したいと思います。今日は星奈と一緒のアクティビティが多かったのですが、今春から高校生になるので、いつまでこうして親父と一緒に遊んでくれるかもわかりません。次回来るときには彼女にスキューバダイビングの楽しさを味合わせ、親父との共通の趣味を多くしておきたいと思います(笑)。


23:24:13 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 30, 2014

美ら海水族館→琉球村→国際通り

沖縄2日目。夕べは泡盛呑みながらいつの間にか眠ってしまい、気が付いたら朝の6時を回っていました、コンタクトも付けたまま(汗)。それからシャワーを浴び、ホテルで朝食を採った後(私は朝は食べない人なので、サラダと牛乳のみ)活動を開始しました。

最初の目的地は沖縄美ら海水族館。人気スポットですし、今回のパッケージツアーに付いていた選べるアクティビティで入場料が無料になるので行かない理由はありません。ホテルからクルマで1時間弱の距離でしたが、途中、コバルトブルーと群青色のコントラストが美しい海を眺めながらの南国ドライブを楽しみました。

美ら海水族館の目玉は、もちろん巨大なジンベイザメ! 想像していたよりも大きく、私が1度だけマレーシアのティオマン島で見たマンタもたくさんいて、その迫力と優雅な泳ぎに圧巻されました。混雑していましたが、星奈と一緒の良い感じの写真も撮れGOOD。海ガメとマナティーもホノボノとしてて良かったです! ところでところで、今回の旅行でこの水族館の名前を見るまで、「ちゅら」の漢字表記が「美ら」だって知りませんでした(汗)。

途中でソーキそばを食べた後に向かった先は琉球村。ここも今回のツアーに含まれていたのですが、予想よりもずっと良かったですよ。到着したのが15時30分過ぎだったので、選べるアクティビティの中で星奈が遣りたかった貝殻フォトフレーム作りは混雑&時間切れで出来ませんでしたが、簡単貸衣装体験で私は琉球国の王様になり家族写真を撮れました! 志村けんのバカ殿みたいなキャラが出てくる琉球村道ジュネー(絵巻行列)も面白かったです。

今日は天気が悪いはずだったのに、琉球村に到着する前くらいから晴れ渡った天気になり、その後、那覇の国際通りの散策も気持ち良かったです。晴れていたとはいえ風が冷たかったので、半ズボンだと寒いくらいでしたが、、、パーカー着てて良かったです。ドンキホーテで海パンを買い、星奈も別の店で水着を買い、ディナーは豚肉のしゃぶしゃぶ食べ放題の「彩食健楽 金の豚」。沖縄で有名なアグー豚のしゃぶしゃぶは3,000円以上しますが、ここは普通の豚のぶん安くて1,890円也。育ち盛りの子供がいる我が家にはコストパフォーマンスが高かったです(笑)。

帰りに土産物屋「東宝堂」で泡盛を2種類買ってホテルに帰還しました。「龍泉甕貯蔵熟成古酒」はお土産用に、「琉球王朝 特選古酒」は自分用です(笑)。


23:37:36 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 29, 2014

初めての沖縄!

沖縄に初めてやって来ました!星奈の中学卒業祝いを兼ねての家族旅行ですが、元紀は既に沖縄には来たことがあったのと、今日から友達と伊豆旅行なので、昨年夏の北海道同様3人です(汗)。尚、当初は2泊3日の予定でしたが、3/31の東京帰りのFlightがとれず、ならばと3泊4日にしました。

羽田から沖縄へのFlightは12時15分発、湾岸道路が大渋滞だったので国道357東京ゲートブリッジを通って終始一般道で来ましたが、それでも羽田は結構近いですね。但し、、、羽田空港の駐車場が満車で入場待ちの列が出来てて入れない。。。一時は家族だけ先に行って私が後を追いかける覚悟もしましたが、なんとか出発40分前に入れて事なきを得ました。

羽田で味噌カツ丼食べて、いざ出発!保安検査の時に、私の前に慌てて割り込んで入った人が所持品チェックされてたけど、拳銃が出て来ました。その後、騒然となっていなかったのでモデルガンだったのでしょうか、、、パンチパーマ風ではありましたが。。。

ところで、今まで私が行った日本の最西端は神戸だったので、今回は大幅に記録更新!というか、日本ではこれ以上西はもうないですね(笑)。羽田→那覇は2時間50分、北海道に比べると結構時間が掛かるんですね。もっとも、台湾に近いから当り前かも知れませんが(笑)。

那覇空港に着いた時の気温は26度、天気予報では雨の確率が高かったのに晴れていて、半袖1枚で充分にOKという感じです。その後、ORIXレンタカーでクルマを借り(これはツアーに含まれています)首里城に向かいました。首里城の入館時間は17時30分迄で閉館は18時。ORIXレンタカーを出発した時間が既に16時を回っていましたが、首里城に着いたのは17時20分頃、、、何とかギリギリ間に合いました!首里城の雰囲気は北京の故宮博物館(紫禁城)のミニチュア版みたい(笑)。家内も同じ感想でしたが、赤が基調なのが似てましたよ。

今回のホテルはANAインターコンチネンタル万座ビーチ。名護市に近い恩納村にあるので首里城からクルマで1時間程度走りましたが、典型的なビーチリゾートエリア&ホテルでペナンのバツフェリンギを思い出しました。今宵はホテルの琉球料理レストランORCHIDでカルチャーショーを観ながらビュッフェディナー。アルコール飲み放題プランもあり、泡盛を堪能しました! まいうー&酔っぱらった(笑)。


23:32:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 28, 2014

ワイングラスの重要性

昨日は四谷某所でホームパーティに招かれて行きましたが、赤ワインを飲むときに器の大きなワイングラスで嗜みました。普段の家呑みではワインのグラスを気にしたことはありませんでしたが(汗)、夕べは「うわぁ〜、香りが良い!うんめぇ〜!」と思えるほどワイングラスの重要性を感じました。

ワイン自体、空気との混ぜ具合や香りの閉じ込め具合で味や香りの楽しみ方が大きく違うので、赤ワインでもボルドーやブルゴーニュなどブドウの産地に依っても適したグラスの形状があるみたいだし、白ワインもしかり。。。確かに、エアレーターで味が大きく変わったし、たかが飲み物の器とはいえバカラのグラスに感銘したこともあったので、ホント、ワイングラスも侮れません。

そんなことを感じられるのも、私が大人になった証拠でしょうか(笑)、、、って、食べ物の好き嫌いが無いのは良いけど味音痴で味わうことを知らなかった私なので、普通の人に比べたら、そんなことを思うタイミングがメチャクチャ遅かったのではと危惧します(爆)。


23:02:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 27, 2014

10m防水ケースを2種ゲット

今週末の一大イベントに備えてAmazonでポチッとしたのが、
dicapac スマホ完全防水ケース WP-C1
・dicapac デジタルカメラ専用防水ケース W-D5

いずれも10m防水ケースですが、前者がiPhone5s用で後者がコンデジHX30V用。専用ではなく汎用で10mまでしか防水は保証していませんが、その分お手軽な値段だったし、沖縄なら浅瀬でも魚がたくさん見られると思うので、必要充分だと思っています。

もしかしたら私だけスキューバダイビングのツアーに参加してもっと深く潜るかも知れませんが、そうなった時には、そのシーンは眼に焼き付けて文章で語りたいと思っています(笑)。「百聞は一見に如かず」の逆を行ってしましますが、ご容赦のほどを!(本当はSONYのHDR-AS100Vみたいなのが欲しかったのですが、スキューバだけにしか使わないような気がするので、、、)。


23:05:00 | tom | comments(0) | TrackBacks