November 30, 2012

台湾での初体験

夕べは、懐かしい台湾料理の「青葉」で、同僚達とのディナーがメインイベントだった台湾1日目でしたが、今日は台北を適当に散策してから新竹に移動して来ました。でも生憎の雨模様。。。

先ずはバスで昔住んでいた天母へ。バスの乗り方なんてすっかり忘れてしまいましたが、他の人の動きを見ると、乗った時に払うバスのようだったので、運ちゃんに天母までの運賃を聞くと30NT$とのこと。100NT$札しか無かったので「お釣無しで良いや」と思って払おうとしたら、運ちゃんが「没有零銭ま?真的没有的話不要了!」と言って来ました。お言葉にあまえて、、、ポケットの中にあった15NT$で乗っちゃいました(汗)。

雨が降り続いていたので天母エリアをあまり歩けませんでしたが、昔家族でよく行ったトマト刀削麺屋「一品山西刀削麺之家」に行きブランチ。日本のラーメンがどんどん高くなっている今、牛肉&トマト入りで130NT$(約370円)はお得ですよね。食べ終わったら汗が吹き出して来たので、上着を脱いでMRT石牌駅まで涼みながら歩いて行きました。

次のターゲットは台北101に昇ること。台北に住んでいた時に完成したて(上はまだ工事してたかも?)の101のショッピングセンターに行った記憶はあるのですが、上から展望したことはありません。昇り口を探すと展望レストランのしか見つけられなかったので、受付で「食事は要らないんだけど、コーヒーやビールを飲むだけでも昇ることは出来ない?」と聞いたところ、一瞬ダメそうだったのですが、横にいたベテランの女性が上と連絡を取り、400NT$以上消費すれば良いとの事(消費しなかった場合は、400NT$+10%のサービスチャージを払う?)で目標が達成出来ました。85階に着くとイタリアンレストラン「隨意鳥地方」に案内されましたが、800NT$で生牡蠣2個とワイン1杯のセットがあったので、それを戴きながら、天空から地上を見下ろして午後のひとときを優雅に過ごしました(笑)。

既に2時半を超えたので、タクシーでホテルに戻って荷物を引き取り、台北車站に向かいました。ここから高鐵(台湾の新幹線)に乗って新竹まで移動しましたが、これに乗るのも初めてでした。新竹に停まる電車はほぼ30分間隔で、自由席での運賃は280NT$、乗っている時間は40分強で、あっという間でした。トンネルが多くて景色は楽しめませんでしたが、新竹以南はどうなんでしょう? 尚、プラットホームが開放されて直ぐは席は結構空いていましたが(当り前か)、発車する時にはほぼ満員。次の板橋駅からは立っている人達もいるようになりました。

ところで、新竹駅は新竹市内にある駅と同じだと思っていたら全然違う場所なんですね。私が知っている新竹駅からホテルまでlkm強の距離だったので歩いて行こうと思っていましたが、高鐵の新竹駅は新竹縣の竹北にあり、ホテルまでタクシーでたっぷり20分くらい走りましたよ。運賃は275NT$だったので、高鐵代とほぼ一緒ですね。

ホテルにチェツクイン後、待ち合わせの時間になると、元同僚のJessieさんが息子と娘(既に社会人)を連れてクルマで迎えに来てくれ、四川鍋屋「老東家重慶麻辣鍋」で旧友達と再会し、昔話や近況報告で大いに盛り上がりました。Jessieさんは今年の3月に定年退職したので、Jessieさんにとっても良い集まりだったようです。2次会もありましたが、明日の日記で報告します。


23:16:00 | tom | comments(2) | TrackBacks

November 29, 2012

初めての飛行機

って、私ではありませんが(笑)、今日、成田から台湾に来る時に乗った中華航空のB747で高校生の修学旅行生が一緒でしたが(100人近くいたような気がする)、生まれて初めて飛行機に乗る人が結構多かったようで、目茶苦茶賑やかでした。私の周りの席は殆ど修学旅行生だったので騒々しかったけど、彼らの一句一動が結構新鮮で、何だか若返ったような気もしました(あの騒ぎようだと、人によっては、航空会社や学校にクレーム入れるかも、笑)。

主なサプライズ or 新鮮事項は以下の通り。
・飛行機がゲートからバックして離れる時に、「もう浮いてるの?」と聞いているヤツ。
・離陸場所に行くまでの上下動で、「もうダメ、帰りたい、死ぬ!」と言っている女生徒。
・何を見たのか分からないが、「なんかヤバいよ、言った方がいいよ、墜落するかも」と待機時に言っているヤツ。
・「墜落したら痛いよ!」「痛いと思う前に死んじゃうよ」と、離陸直前の機内での大声の会話。
・離陸の助走の時のGで、機内は大騒ぎ!
・離陸して浮いた瞬間に、機内は大拍手!(着陸も同様)
・着陸した瞬間に思いっきり吐いちゃった女生徒(@一つ前の席)。
・桃園に着いたが、「これが台北かぁ、何も無くねぇ?」と言っているヤツ。

まあ、人に依っては殴りたくなるシーンかも知れませんが、自分が初めて飛行機に乗った時(社会人1年目の夏休みに行ったサイパンか、、、)はどうだったかなと思いながら、彼らの騒ぎを受け入れていました。実際、どうだったかは全然覚えていませんが(汗)。

尚、今回の台湾ツアーはお別れ行脚の第一弾です。来年から離れ離れになっちゃう人達に、感謝を込めての挨拶回り。今晩が台北で明日が新竹です。


23:28:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 28, 2012

空白の1日が無くなったけど被害は・・・

昨日帰って来る予定が1日遅くなって今日28日の正午に船橋自宅に帰還しました。今日予定していた歯医者と引越の下見は日を改めることにしましたが、夜、予定していたワイン飲み放題会&旅行報告会には無事参加することが出来ました。相変わらずの悪運の強さですよね(笑)。

明日から台湾なので、今日が空白の1日で結構予定を入れていましたが、最小限の被害で済みました。歯医者や下見はこれからも沢山チャンスはありますが、今日のメンバーが皆さん集まれる日は、年内だと結構限られているので。。。Facebookで深まったFriend Shipですが、再就職のお祝いまでして貰っちゃいホント、感謝でした。

いい気分でワインも進んだので、帰りは乗り換え駅(町屋)を乗り過ごしてしまいましたが(学習能力がありませんね、汗)、奇跡的に新松戸駅で気がつき、武蔵野線で西船橋に戻って来られました。これも悪運? まあ、明日のフライトは午後2時50分なので、朝帰りで問題はありませんでしたが(笑)。


23:35:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 27, 2012

コペンハーゲン・フリー観光

結局、夕ベはコペンハーゲンから成田へ行くSAS便がキャンセルになり、コペンハーゲンで1泊を余儀なくされました。機体の定期点検時の不具合とのことですが、同じツアーの人が「SASは経営的に苦しいみたいなので、客が少なかったのをいいことに、フライトをキャンセルして翌日にまとめちゃったのでは? 客が少ない便を飛ばすより、客のホテル代を出した方が安いかも知れないから・・・」と言っていましたが、真意のほどは分かりません。

プレミアム・エコノミー以上の人優先で、バンコク便や北京便で帰路に就いた人はいましたが、席も限られており、我々のツアーでは8人+添乗員の9人中5人はコペンハーゲンで1泊しました。ホテルは空港近くのPark lnn。バイキング・ディナーも付いていましたが、空港で待っている間(結局4時間くらい)にミール・バウチャーで結構飲んだり食べたりしていたので、お腹もそんな減らず、ホテルの部屋で非常食用に買っておいたカップ麺で軽く済ませました。

ホテルの部屋では、帰りの便で飲もうと思って買っておいたウイスキーを飲みながら、暇潰し用に持って来た「LOST」のDVDを暫く観ていたら眠っくなったのと、さすがに前日の3時間睡眠で疲れもピークだったようで、シャワーも浴びずに寝ました。で、気が付いたら朝の6時30分だったので、久し振りに6時間も爆睡したようです(笑)。

15時40分発のフライトなので午前中はコペンハーゲン市内を適当に散策しようと思い、その前の腹ごしらえで朝食に行くと、添乗員さんと一人旅のオジさんが散策の計画を練っていたので私も便乗することにし、更に、スイスに嫁いだ娘さんに会いに来て帰りの便で我々と同じ被害に遭ったご婦人と4人で出掛けました。

まずは一言で表現すると、「コペンハーゲンは目茶苦茶素晴らしい街!街全体が美術館や博物館のよう!」。いやぁ〜、今回のツアーはどこまでツイているのか分かりませんが(笑)、トラブルが無ければコペンハーゲン市内に来ることは無かったし、来てみたら超素晴らしい街に大いに感動! 立ち寄る観光スポットは添乗員さんが手持ちの「地球の歩き方・北欧版」で見繕ってくれたので、ある意味プロフェショナルな、ほぼ完璧な半日観光でした。

平日だったからか、有名どころも人が殆んどいなく、東洋人は我々だけのような感じだったので、コペンハーゲンが我々で貸し切り状態だった気がしましたよ。普段の一人旅では自分を入れた写真なんて滅多に撮りませんが、4人の小グループだったのと貸し切り状態だったので、アンデルセンの像ストロイエ人魚の像で撮って貰っちゃったし(笑)。

主なコースは、地下鉄に乗ってNorreportで下り、ラウンドタワー、ストロイエ、市庁舎、アンデルセン像、チボリ公園国立博物館王立図書館水上バスに乗って、オペラハウス自由博物館、人魚の像、カステレット要塞フレデリクス教会、最後はアメリエンボー宮殿で正午に行われる兵隊の交替式を観ました。私一人だったら、精々人魚の像だけだったかも知れませんので、朝食のタイミングとメンバーに恵まれた賜物でした。コペンハーゲンの飾り付けと相まって、これって一足早いクリスマスプレゼント?(笑)。

お金を払ったのはノルウェーの3泊5日分だけですが、撮った写真の枚数は今日半日のコペンハーゲンの方が多かったし(笑)、お土産もストロイエでお洒落なのを手頃な値段で買えたし(ノルウェーに比べたら物価はメチャ安)、そのお店の店員(デンマーク人と結婚してから在住23年の台湾人)と中国語で会話して他の人に感心されたし(照)。。。

いやぁ〜、結果的には最高の4泊6日トロムソ&コペンハーゲンの旅でしたよ。転んでもタダでは起きない私を、また証明してしまったような気がします(笑)。トロムソのホテルにパナソニック製の高級髭剃りを忘れて来ちゃったことなんて小さいことですよね(汗)。


23:11:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 26, 2012

0泊2日機中の旅

最後の最後で感動に終えたトロムソの3日間が終わり、オスロ→コペンハーゲン経由で日本に帰還中です。ノルウェーのトロムソを離陸したのは26日の午前10時15分ですが、成田に到着するのは27日の午前10時なのでほぼ24時間。でも日本が8時間進んでいるので16時間ですね。行きも併せると、機内で2泊した気分です(本当は、これからの1泊分だけですが)。

ところで、2日目の夜に私と同じオーロラ・ハンティングに行った親子(といっても息子さんも成人しており、お父さんの会社に勤務している様子)ですが、やはりタベのツアーでは薄っすらとしか見えなかったけど、夜中に添乗員さんと市街の丘の上(私が一昨日の深夜に徘徊したところ)から見事に観られたそうです。息子さんは疲れて行かなかったそうですが、夜中の3時頃起きた時に写真を見せたら彼も行きたくなり、親子2人で再び丘に行ったそうです。

残念ながら、ご夫婦1組と、私と同じオッサン一人旅で来ていた人はタベの凄いのは観なかったそうですが、一応全員オーロラを観られたので良かったです(一番そう思っているのは、日本から付いてきた添乗員さんだと思いますが)。

今はコペンハーゲンでの乗り継ぎでこの日記を書いていますが(本当は乗り継ぎ時間は50分くらいしかなかったのに、到着が遅れていて?未だ出発時間が決まっていません)、今日の分を日本に着いてからアップすると明日の午後になるので、ここでアップしちゃいます。Bon Voyage!


23:02:00 | tom | comments(0) | TrackBacks