June 30, 2011

Ampang地区@KLは大変身

今日はMelakaのパートナー、Serembanのパートナーで会議を終えた後、KLに移動してMid ValleyCititelにチェックインしました。SerembanからKLまでは私が運転しましたが、Eさんの秘密兵器であるGPSポータブルナビに従って運転したら、随分と複雑な道を通らされたような気が、、、高速をKLに向かって真っ直ぐ走り、一ケ所左に曲がれば良かったのに。。。

ペナンの工場からは別のローカルメンバーもKLに来ていて、今、Ampang地区のパブで飲んでいるとのことで、ディナーの後、彼らにジョインしました。Beach Club Cafeというスポーツパブ&ライブハウスのような雰囲気でしたが、欧米人がたくさんいてマレーシアではないのではと錯覚しそうでしたが、そのエリアには、こんな感じのパブが数軒並んでいました。

私が94年に初めてKLに出張して来た時に宿泊していたホテルがアンパン通り(Jalan Ampang)にあって、当時はブキビンタン地区に比べると、とても寂しいエリアでしたが、今では見違えるほどお洒落になっています。田舎でリゾート気分満点のペナンも良いけど、大都会でお洒落なKLも良いなぁ〜。


23:31:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 29, 2011

ペナンから陸路マラッカへ

今日はパートナーとの会議のためマラッカに来ました。ペナンから600Kmくらい離れているので、飛行機で来たと思われている人が殆どだと思いますが、実はクルマです(笑)。ローカルメンバー3人と一緒ですが、彼等の意向でクルマで来ました。

6時間以上掛かる距離ですが、交替しながら運転すれば苦にならないし、着いてからの機動力もクルマの方があるとのこと。トータルコスト的にも、4人だと飛行機に比べたら圧倒的に安いので、会社にも貢献しているし(笑)。途中で私も運転しようと思っていましたが、3人の運転で着いてしまいました。ホテルに着いたのはペナンの工場を出発してから丁度6時間後でした。

ちなみに今日は移動だけなので、ホテルに着いてから近くの有名なチキンライスボール屋「古城鶏飯粒」でディナーし(ローカルメンバーとの出張は、日本人だけの時よりも色々なメニュー出て来るので楽しいです)、その後は食後の運動を兼ねて近所を散策しました。

ホテルの近くは世界遺産にもなっていマラッカの中心街だったので、ファモサ要塞跡など歴史的な建物がたくさんあり、出張とはいえ、ちょっとした観光も出来ました。Eさんのお薦めでリバークルーズもしましたが、夜だととても幻想的で綺麗で、これは皆さんにもお薦めです。費用も、たったのRM10(300円弱)だし。以前(13年前)家族と来ましたが、その時には知らなかった。。。

追伸:ホテルのWiFi(なんと有料。1時間RM10か、24時間RM30)でインターネットには繋がりましたが、VPNに繋がらなず会社のメールにアクセス出来ない。。。最終的に、DiGi回線をiPadでテザリングしてアクセス出来ましたが、速度が目茶苦茶遅くてメール処理に時間を費やし、寝る時間が減ってしまいました。


23:05:00 | tom | comments(1) | TrackBacks

June 28, 2011

今宵もホッカーセンター・Sungai Pinang Food Court

昨晩、会社帰りにホッカーセンター(屋台)に寄ってディナーしたら1人だけでも結構楽しめたので、味をしめて今日もホッカーセンターに行きました。但し、昨日とは違うところで「 Sungai Pinang Food Court」。半年前に出張で来た時に赴任者に連れて行ってもらいましたが、半月前に来た時は別の道を曲がってしまって辿り着けませんでした(笑)。

その後、正確な場所をもうー度聞いて今回は無事到着。比較的新しいホッカーセンターなので結構きれいですし、そのせいか若い人が多いように感じられます。でも 夜の10時過ぎてるのに、いわゆる日本のビアガーデンみたいなホッカーセンターに、こんなにたくさんの人がいるこの国って、人々も2交替制なのでは?と思ってしまいます。

日台小食(日本料理と台湾料理のミックス)という看板の屋台で台湾ソボロ飯を食べ、foursquareやFacebookをチェツクし、そろそろ帰ろうと思ったところで何らや私を呼ぶ声がしたので振り返ると、なんと同じ会社の別工場のメンバーでした。仕事では接点がほとんどありませんが、ソフトボール大会や芝刈りで交流があります。

他に同じ会社のメンバー2人が一緒のテーブルにいたので、私も混じって、あれやこれや話し込んでいたのですが、結局、 2次会に行くまで盛り上がってしまいました。海外赴任していると、こういう偶然でも他工場とのメンバーとの交流も深まりますね。でも、彼らのエネルギーには圧倒されました。やはり若い人は凄いエネルギーだ。


23:35:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 27, 2011

昔よく行ったホッカーセンター

7年間の海外企業放浪生活を終え日本企業に復帰し、最初にペナンに出張した時に寂しかったのが、15年前に駐在していた時によく行った屋台街(ホッカーセンター)のGolden Eagle(金鷹)が無くなっていたこと。。。家族だけでもよく行きましたが、日本から出張者や旅行者が来た時にも、よく連れて行きましたよ。

その後、何度か出張で来た時に前を通ってもパッとしないし、今の赴任者の間でも話題にも挙がっていないので忘れそうになっていましたが、2度目の赴任で自分でペナンの道を運転するようになり、何気に夜その前を通ってみると、昔のように中央の舞台で歌を歌っている雰囲気がある。。。

ということで、今日は退社が午後9時半以降になりディナーも一人でとることになったので、怖い物見たさ?(笑)で、そのホッカーセンターに行ってみましたが、う〜ん、素人だかセミプロだかわからないシンガーの歌が妙に場末の酒場っぽく、深夜特急みたいで良いかも・・・(笑)。なんだかノスタルジックでした。

ここのオーナーが変わり名前もNew Pakmaに変わっていましたが、当時は珍しかった日本風焼き餃子を売る「日本小食」もそのまま残っており、早速そこで焼き餃子と焼きそばで場末の酒場の歌を聴きながら、ちょっと遅いディナーを楽しみました。オーナーが変わって名前も変わった話は、その日本小職のおばちゃんから聞きましたが、おそらく、このおばちゃんは15年前にもいたと思います。見覚えがありますので(笑)。

さて、このホッカーセンターの弱点は、場末の酒場のシンガーの年齢が高いせいか(15年前も出ていて、当時は若かった?)、お客さんの年齢も高めなこと。シンガーと酒を飲みながらはしゃいでいるジモティー(それとも、他の場所から来ている華人かな?)も年齢は高めでしたしね。もっとも、10時半に引き上げましたが、夜が深まるにつれて客の数も増えていったので、夜遅くには若い人も増えるのかな?

いずれにしても、暫くぶりに頻繁に通ってみたくなりました。


23:44:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 26, 2011

TESCO Tanjung店オープンしましたが・・・

日本では見たことが無い量販店のTESCOの新しいお店がTanjung Tokongの道路沿いに出来ました。先週の金曜日に開店したようで、自宅のポストにもダイレクトメール&割引券が入っていました。この週末は大混雑なのではと思っていましたが、意外とそうじゃない?!

Jalan Tanjung TokongからTESCOに右折で入る交差点はそこそこ混んでいましたが(でも、想定内)、駐車場の外に列が出来ているわけでもなく、店内もバーゲン時のように混雑しているわけでもなく、整然と商売していました。せっかくなのでポイントカードを申し込んでゲットしましたが、結局、何も買わずに出てきました。

う〜ん、一人暮らしだと、普段の衣食住の中で必要なモノを大量買いのTESCOで買う意義は低いかも。。。もっとも夜中の1時まで開いているので、空いていそうな夜遅くに水やビールの大量買いをするかも知れません。一度買うと、3ヶ月は持ちそうですが・・・(笑)。

狭いペナン島内にTESCO Extraも含めると3軒あり、半島のペナン州内にも2軒、更に競業のCarrefour(カルフール。1回目の赴任時に出来ましたが、当時は日本には未だ進出していなくて呼び名も知らなかったので、「ケアフォー」と呼んでいました。汗)も有るから、過当競争だと思います。ペナンのショッピングモールも、そんな過当競争で廃れているところが多々ありますよ。1回目の赴任時にオープンして、電脳ショップなども沢山入っていたので頻繁に行っていたOne Stop Plaza(当時の日本人赴任者内の通称は「Looking Good」)なんか、その典型です。


22:37:53 | tom | comments(0) | TrackBacks