January 16, 2008

世界最薄のMacBook Air、でも落胆

昨日(日本時間の深夜)、サンフランシスコで行われたMacWorld Expoで、世界で最も薄いノートブックと銘打ったMacBook Airが発表されました。厚さ1.94センチ、重さ1.36kg。私が今使っているMacBookは2.75センチ、2.27kgですから羨ましい限りです。ということで、また途夢郷が衝動買い!と期待される方も多いかもしれませんが、実は、ちょっと落胆したので買いません。その理由は、、、(モニターの)サイズが12インチではなく13インチだから。

数日前からMacWorld Expoの展示会場に思わせぶりに掲げられていた「2008. There's something in the air.」という垂れ幕、また、前々から噂されていたことから、MacBookよりも小さなサイズ(場合によっては、私が以前使っていたPowerBookG4 12インチよりも小さいサイズで)で超軽量のノートブックが出てくるかも知れないと思われ、もしそうだとしたら衝動買いするかも知れないと恐れていた(笑)のですが、蓋を開けてみるとサイズは今のMacBookと同じ13インチ。

私が、MacBookが発売されIntelのCPUでWindows OSがネイティブで走るようになっても暫くPowerBookG4を使っていたのは、仕事で使っているTUMIのカバンにノートブックPCを縦に入れ、その横にMONTBLANCのシステム手帳を入れて使いたかったからで(こんな風に)、これは12インチサイズのノートブックPCなら出来るのですが13インチだとはみ出しちゃって出来ないのです。しかし、PowerBookG4を落として壊してMacBookを買うことを余儀なくされ、それ以来はシステム手帳は別のカバンに入れるか、工場間の移動の時は持たずにいました(どうしても必要な場合は、豚カバン状態に・・・泣)。なので、次に買う条件としては12インチ化が絶対条件だったのです。ということで今回は衝動買いしないので家内にコソコソしなくても済みました(爆)。

ところで、MacBook Airに関しては早くも賛否両論のようですね。まずは価格がMacBookにしては高め。64MBのSSDドライブに交換すると追加が13万とバカ高(ちなみに、オリジナルの1.8インチのHDDの方が80GBと容量は多い)。光ドライブがオプションなのはいいとして、イーサネットコネクタも省かれたので出張時にホテルの部屋でインターネットに繋げられません(その為に、AirMac Expressなどを持って行く必要が有る)。

Appleの超軽量ノートブックが期待はずれだったので、最近なにかと話題のASUSのEee PCがマジで気になってきました(笑)。香港なら価格も日本円で5万円以下だし。


23:29:00 | tom | comments(8) | TrackBacks