November 05, 2007

MacOSX 10.5 Leopard導入

土曜日の運動会日本人学校小学部は今日は代休。それにあわせて私も有休をとり星奈(+友達)を香港ディズニーにでも連れて行こうと画策したのですが、既に先約有り(子供達&ママ達でランチビュッフェ)だったので、午前中、星奈は更新後のパスポートを取りに、私は増刷に在香港日本人領事館に行き、その後は別行動。ならばと、土日で出来なかったMacの新しいOS「10.5 Leopard」を買い求めインストールすることにしました。この新OS、10月26日に発売されていたのですが、iPhoneとの相性や、仕事で最近は使うことが多いParallels Desktopとの相性などの問題を1週間ほど様子見していました。

香港での価格はHK$1000。日本だと14800円なので、日本円ベースだと日本の方がちょっと安いでしょうか(笑)。もっとも、スティーブ・ジョブズがプレゼンで言っていたように、Macの場合は、Windowsと違ってBasic EditionもHome EditionもProfessional Editionも無く、全てがこれ1本のUltimate Editionです(爆)。 インストールはいたって簡単、DVDから再起動して指示に従うだけ、尚、インストールの際に新規インストールなのかアップグレードインストールなのか聞かれるのかと思ったら、何も聞かずにアップグレードインストール(今までのデータやアプリ等を全て引き継いだインストール)でした。

新しいOS Leopardは、、、見た目は殆ど変わりません。でも、300以上の新機能を搭載とのことなので、それぞれをじっくりとチェックしてみたいと思います。勿論、今日1日だけで全てをチェックするのは無理ですが、ビデオガイドを見ながら確認してきてこれまでに気に入ったのは、

・音楽をブラウズするようにファイルをブラウズできるCover Flow
・ファイルの表示、内容の確認をファイルを開かずに出来るQuick Look
・バーチャルなデスクトップスペースを作成して作業環境を整理整頓するSpaces
・ステーショナリテンプレートで個性的で魅力あふれるemailが遅れるMail。メモ機能やTo Doなど、私が欲していたような機能も加わって便利になりました。

Leopardの目玉機能であるTime Machineは、まだバックアップが終わっていないので機能を確認出来ませんが、アプリを動かした瞬間に未来的な雰囲気に包まれます。iPhoneのユーザーインターフェースといい、ホント、Appleは凄い会社だと思います。



22:43:00 | tom | comments(0) | TrackBacks