November 23, 2007

中国(広州)国際モーターショー

今日はボスと二人で「第5回中国(広州)国際モーターショー」を参観して来ました。会場は広州市海珠区に数年前に出来たばかりの「広州国際会議展覧中心」通称「琶洲展館」です。今でもバカでかいのに、道路を挟んで反対側に同じ規模のエキシビジョンホールを建設中でした。さすが中国。

平日なのに、会場は沢山の中国人で大賑わい。日曜日は恐ろしい人数で溢れそうですね。日本も同じなのかもしれませんが、クルマを見るよりもコンパニオンの写真を撮りに来ているのではと思う輩が多かったです。コンパニオンは中国人がメインですが、欧米の会社では白人のコンパニオンも多々おりました。以下、私の所見を。。。

・フェラーリはやっぱり赤が綺麗です。尚、フェラーリだけ、コンパニオンがいませんでした。
・中国系のメーカーのコンパニオンは、女性だけでなく男性も一緒。
・中国系の複数のメーカーと合弁している日米欧のメーカーが多いので、ブランドが滅茶苦茶。例えば、広州汽車にはトヨタもホンダも合弁している。
・フェラーリ、ランボルギーニなど、世界の高級車のフロアに何故スバルが?
・クルマの展覧会なのに上階に展示しているのが不思議。
・おそらく大金持ちなのに、外見がそう見えない中国人が多々。
・QQは45万円から。レクサスのLSは1500万円。カムリは200万〜300万。
・ホンダのコンパニオンはケバくなくて新鮮だった。
・近い将来、中国が世界最大の自家用車保有国になると実感した。
・日本車は価格競争をするのではなく、高級車路線で台数よりも利益確保の方がベターだろう。
・中国人のモデルさんの方が、日本人のモデルさんより脚が長い(と思う)。
・化粧が濃くて素顔が分からないモデルさんもいた(笑)。
・女性も、背が高くて細身の方が顔をカバー出来る。星奈、頑張って背高くなろう。将来はスーパーモデルだ!(爆)
ランボルギーニ フェラーリ
東風ホンダ 混雑する会場

23:43:00 | tom | comments(0) | TrackBacks