November 22, 2007

弊社の会長様の肩書き

今日は東莞市の中心市(通常「城市」と呼びます)にある国際会展中心(International Exhibition Center)に隣接された真新しいホテルのボールルームで東莞電子業商会の設立記念パーティがあり、弊社は4テーブル分キープしてあったので、弊社の香港人を中心とした幹部連中が香港本社と東莞の2工場から集められ、私もボスと一緒に出席してきました。5時からカクテルパーティ、6時から記念式典という時程でしたが、例によって式典が始まったのは6時半からでした。。。尚、300人から400人くらいいたと思われる会場の中にNon-Chinese(香港人を含めた中華人以外)は、私とボスだけだったのではと思います(笑)。

ところで、この東莞電子業商会の永遠名誉会長として弊社の会長兼CEO(創業者です)が就任し、この記念式典も彼が中心人物のような雰囲気でした。永遠栄誉会長は2名いるのですが、もう一人の方よりも彼の方が存在感が大きく、会場で配布された東莞電子業商会の季刊誌の創刊号の中でも彼の記事の方が圧倒的に多かったです。。。尚、その創刊号の中にこの二人の永遠名誉会長さんの経歴が記されている部分があったのですが、なんだか、肩書き比べといった様相。弊社の会長さんの肩書き、私も正確には知らなかったのですが、こうして改めて見てみると凄い数です。

香港電子業商会会長、香港工業総会第27分組汽車零部件組主席、香港汽車零部件研究及発展中心董事会董事、東莞電子業商会永遠名誉会長、香港緑色制造聯盟名誉主席、香港科協進会名誉会長、表面装貼技術協会香港分会栄誉会長、東莞市塘廈商会栄誉顧問、東莞同郷総会栄誉会長、香港汽車光機電工業聯盟召集人、中国電子商会常務理事、香港応用科技研究院研発項目評宙委員、香港貿易発展局港深高科技合作諮問委員会委員、香港工業総会香港設計委員会委員、香港生産力促進局電子業工作事務会会員、新加波商会(香港)執行委員会会員、広東工業大学客座教授、香港城市大学電子工程学系特約教授、香港城市大学杰出学人、香港城市大学電子工学系顧問委員会主席、香港城市大学協作教育中心工業顧問委員会栄誉主席、香港城市大学科技及工程学院栄誉顧問、香港中文大学工程学院諮問委員会委員、香港職業訓練局技師訓練委員会委員、中国人民政治協商会議(政協)東莞市委員会委員、香港創新及科技基金創新及科技支持計画評宙委員会委員、中国広東省東莞市栄誉市民、天津経済技術開発区栄誉顧問、香港童軍総会(九龍値地域)深水歩東区区会会長

う〜ん、これじゃ本業に費やす時間が殆ど無いような気がしますが、弊社は未だに会長様に出張申請の許可や人事採用の承認までお伺いをしている状況で、2ヶ月待ち・3ヶ月待ちもざらです。

20:35:00 | tom | comments(0) | TrackBacks