November 21, 2007

日本の空港の出入国も自動化ゲート

一昨日、在香港領事館からメールで届いた情報ですが、11月20日から成田空港に出入国の自動化ゲートが設置されたそうです。自動化ゲートを利用できるのは、日本人で有効な旅券を持っている人と、外国人で有効な旅券(旅券、難民旅行証明書又は再入国許可書)と再入国許可を持っている人だそうですが、日本人のところだけをチェックした限りでは、まずは利用希望者登録をする必要があるのですが(詳細は、こちら)、

(1)登録のために必要なもの
    ・有効な旅券
    ・自動化ゲート利用希望者登録申請書
(2)登録場所及び登録受付時間
    11月20日から下記の場所において登録を受け付け。
    ・東京入国管理局
      再入国申請カウンター(2階)9時〜16時(土日・祝日,12月29日〜1月3日を除く)
    ・東京入国管理局成田空港支局
      第1旅客ターミナル南ウイング出国審査場 9時〜17時
      第2旅客ターミナル南口出国審査場 9時〜17時
(3)登録手続
    申請書及び旅券を提出し,その後両手ひとさし指の指紋を提供する。
    その後、登録担当者から旅券に登録済みのスタンプを受ければ登録手続は終了し、
    原則としてその日から自動化ゲートが利用できる。

利用方法は、
・ゲート入口前の旅券リーダーに旅券をかざし、登録者であることが確認されれば、ゲート入口が開く。
・ゲート内に進み、指紋の提供を行う(指紋を読み取る)。
・登録者であることが確認されればゲート出口が開き、これで出国・帰国の確認手続は終了。
・自動化ゲートを利用した場合、原則として旅券上に出帰国記録(スタンプ)は残らない。

ということで、香港のスマートIDがICパスポートに置き換わっただけで、香港出入国時のe-Channelと同じような感じになるのですね。ということは、香港と日本を往復している限り、パスポートにスタンプが全く押されなくて済むわけです。まあ、中国に比べたら日本に行くことは圧倒的に少ないので、パスポートの査証欄の消費速度にはあまり貢献出来ないとは思いますが・・・(笑)。

26日から12月1日まで日本に出張するので、帰りの成田で早速手続きしてスタンプ無しで出国して見たいと思います。(今のところ、成田だけのようです)。


23:52:00 | tom | comments(4) | TrackBacks