January 31, 2007

初新給料

今朝、香港から東莞塘廈に移動し工場に出勤すると、総務のマネージャーが給料明細を持ってきてくれました。実は契約更新の後、1月29日が契約条件改変後初の給料日。今月は香港に2年分の税金払った(アコード1台買えましたよ。トホホ・・・)ので、給料が入る前のSaving Accountの残金が一瞬10万円(日本円換算)くらいになっちゃいましたが、円口座の一部を香港ドルにしてSaving Accountに移すことなく(円安の今、これはやりたくなかった)、なんとか乗り切れました。

ネットバンキングで29日に確認したところ、確かに12月までの給料よりは多く入金されている。でも、端数があって、自分が計算した金額と若干違うので給料明細に興味があったのですが、その給料明細を今朝受け取り見てみると、全ての項目に対して金額が若干少なく、一方で家賃オーバー分の自腹分が若干多い。。。早速、香港の家内に電話して労働契約と家の賃貸契約書を見て貰い、給料と家賃を再確認し、総務部長に問い合わせのメールを発信。

それから1時間後くらいに返事が来ましたが、う〜ん、さすが香港の会社。他はいい加減なのに、こういうところは非常に細かい。。。その内容とは、私の新契約内容の施行は1月3日からなので、1月1日と2日分は旧契約内容が適用されるとのこと。確かに、そういう計算すれば、小数点第2位まで出るわけだ。。。この2日分の新旧契約の差額分は1600香港ドル程度で、その分、会社は経費削減出来たのでしょうし、契約書に従って正しい計算をしたのでしょうが、よくそんな2日の差を人事も気にしていたものですね。ある意味感心しました。このきめ細やかさを、別の部分に活かした方がいいと思うのですが、、、(笑)。例えば、シャトルバスの運転手の交通マナー改善とか。。。

今朝も赤信号を大胆に無視したり、強引な左折、高速道路での急ブレーキ等々ありました。このシャトルには香港総務のメンバーも何度も乗ってますが(今朝も乗ってた)、いっこうに改善の気配無しなので、彼等も気にしていないのでしょう。安全第一はもちろんですが、今朝思ったのは、シャトルバスの横には大きく弊社の名前が書いてあるので、交通ルールを守らない=「弊社は交通ルールを無視して走ってますよ」と宣伝して走っているのと同じ。いくら環境等で世間にアピールしていても、これじゃその努力が台無し。工場に着いたら総務部長(=人事部長)にフィードバックしようと思っていましたが、この給料明細の件で忘れちゃいました(笑)。明日、しよっと。

23:15:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 30, 2007

久し振りにのんびり事務処理の予定が・・・

今日は久し振りにのんびり出来ると思い、会社に来るクルマの中で「朝は始業時間までの30分で、豆乳飲みながらPodcast聞きながら、PowerBookでPrivateメールを読んで、Mixiを眺め、Internetでニューを見よう。始業時間になったら、溜まりに溜まっている名刺の整理でも行い、午後は2週間ぶりの部門meeting、そしてその後は、昨日の発表の中にあった改善事例を、うちのエンジニアと一緒に現場に見に行こう」と予定を考え、実際、Internetでニュース閲覧までは順調に進んでいました。

そして午前10時半、携帯に掛かってきた電話を取ると今日は香港オフィス出社のボスから。何やら、昨日のTPI-Xの件と今後の我々の部門の役割と責任に関して会長が社長を交えてmeetingしたいので、これから香港オフィスに来られないか、との事。えっ、今から、、、とは思いましたが、弊社のカリスマ会長と、その会長が最近招いた新社長に逆らって得することはないので、急ぎタクシーを手配し、皇崗経由でオフィスのある葵芳まで来ました。

皇崗から茎湾までバスで来て、葵芳駅は茎湾からMTRで3つめですが、Total約2時間の距離ですね。中国から香港オフィスに来るなら、羅湖経由で来るのではなくこのルートが一番早いです。とはいうものの、移動の2時間が勿体なかったです。これだけあれば、名刺整理が終わったのに・・・(泣。尚、移動中は、iPodに溜まっていたPodcastを行きながら来ました)。

23:25:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 29, 2007

TPI-X

今日はTPI-C(Total Production Innovation Cell)の四半期進捗会議がありました。これは私が1年半前に発起した生産革新活動のことで、開始当初はPI(Production Innovation)だったのが、いつの間にか略語を作るのが好きな会長によりTPIになりました。

この活動は主にベルトコンベアが主流だった組立ラインを手渡し方式のセルラインに全面変更し、その後、継続改善としてポカヨケ概念の啓蒙導入、簡易自動化治具導入と進化していますが、この一連の活動の進め方を大変気に入った会長から、製造に関するその他の部分、実装、設備メンテナンス、品質、環境、修理なども同様の方法で改革プロジェクトをスタートするような指示がトップダウンでここ半年の間にありましたが、それぞれ、
TPI-A:Automation(主に、実装工程のこと)
TPI-M:Maintenance
TPI-Q:Quality
TPI-G:Green(環境のこと)
TPI-R:Repair(基板の半田付け関連の修理のこと)

と、TPIがつくプロジェクトが一気に増えました(従って、一番最初にスタートしたTPIはTPI-Cと命名)。そして、今日の指示は、これら新しいTPIに関してもTPI-Cと同じように3ヶ月に1回、四半期のレビューミーティングを行うこと。そのアレンジを私がすることになりました(なってしまいました、笑)。これだけ多くの進捗会議をやるとなると、毎2週間、進捗会議を行うことになります。う〜ん、旗振り役で忙しくなりそう・・・。

23:12:00 | tom | comments(2) | TrackBacks

January 28, 2007

My First 液晶TV

昨日のブログに「薄型TVを物色しにハーバーシティに行き・・・」と書きましたが、家に帰ってきてからコタツでTV見ながら団欒していると、家内が「やはりTV買ってもいいんじゃない?」と言い出したので、チャンスとばかりに、早速本日買って来ちゃいました。

実は、今の新居に引っ越す時に、大家さんがTV付けてくれたのですが、今時25型のTVで、しかも中古でリモコンが壊れている。。。前の部屋のTVが32型だっただけに、余計小さく感じていました。

そんな中、液晶TV/プラズマTVもだいぶ価格がこなれてきたのと、私にとって薄型TVが欲しくなったのは、アップルから2月に発売される「Apple TV」の発表。これは自宅のPCやMacの中にある写真、ムービーなどをTVに繋いでワイヤレスで見られるように出来る装置なのですが、HDMI端子を備えているので最近の薄型TVに簡単に繋がるのです。

ということで、たくさんある薄型TV(プラズマTV/液晶TV)の中から何を選ぶかですが、将来日本で使う予定があれば日本製の最新の機種を選ぶのでしょうが、日本に送るったってとても大荷物になるので、基本的には香港に居る間のみ使うのでブランドにはこだわらず、最低でもHDMI端子を備えれていればOK、という戦略で物色開始。大きさは、大きすぎず小さすぎずの37型に決めました。

昨日行ったハーバーシティの3階には電気量販店が密集しており(覚えているだけでも、中原電器FortressBroad Way)ここなら競争も激しいだろうと考え、今日も再び参上。昨日、感じの良かった中原電器に行くと、台湾ブランド「BenQ」の37インチVA371が通常価格9,990香港ドルに対して、香港のどこかの銀行系クレジットカード優待割引で7,680香港ドルとの事。私のクレジットカードはその銀行じゃないのですが、試しに聞いてみると、私のクレジットカードでもOKとの事。ということで、これに決定。日系ブランドので1万香港ドルを切るのは、展示品でもない限り37インチ以上ではありませんが、台湾ブランドなら中国ブランドよりは信頼できるので満足しています。う〜ん、こんなん買うと、Wiiも買いたくなっちゃいました(笑)。
BenQ

21:28:59 | tom | comments(14) | TrackBacks

January 27, 2007

伊藤由奈 HEART

今晩、食事のあと薄型TVを物色しにハーバーシティに行き、帰りに星奈が「CD屋に行きたい」というので、ハーバーシティの中にあったHong Kong Recordsに寄りました。彼女がCDを物色している間、Japanese Popsのコーナーを見ていると、伊藤由奈のファーストアルバム「HERAT」がありました。実は私、香港の映画館で見たNANAで彼女の歌「ENDLESS STORY」を初めて聞いて以来、隠れファンだったのでした(笑)。

このファーストアルバム、「限りなくベストアルバム」と謳っているだけあって、「ENDLESS STORY」、映画「海猿」の挿入歌「Precious」、TVドラマ「アンフェア」の挿入歌「Faith」、そして映画「NANA2」の挿入歌「Truth」と、彼女のヒット曲が盛り沢山。いや〜、自分の中では「和製ホイットニュー・ヒューストン」と思ってるだけあって、彼女のバラードは心に染み入ります(バラード以外は今一ですが、笑)。ハワイ生活が長かったせいか、顔つきもちょっと日本人離れしてるしね。

尚、このアルバムを手にした瞬間、BTしようかなと思いましたが(笑)、初回限定版のDVD(上記ヒット曲が全て盛り込まれている)付きに惹かれて購入しました。因みに価格は109香港ドル、約1700円ですから、日本の定価3990円に比べてバカ安。もちろん香港正規版ですよ。ところで、この「HERAT」、日本では1月24日リリースだったんですね。それが香港で今日1月27日に香港正規版が売られているとは、殆どタイム差が無しですね。東南アジアで人気のある日本の歌手のCDは現地正規版がだいたいありますが、価格は日本の価格に比べて圧倒的に安いので、なんだか日本のCDを日本で買う必要なんて全く無くなってしまったような気が・・・(因みに、CDのパッケージングには、このCDは香港でのみ販売できる、旨の表記があります)。尚、星奈は「タイヨウのうた」を買ってました。


23:10:00 | tom | comments(2) | TrackBacks