October 31, 2006

天津・長春に行きます

11月2日から8日まで、天津→長春→蘇州に出張で行きます。蘇州は既に工場があるので何度も行っていますが、天津と長春は初めて。聞くところに依ると、長春は既に最高気温が一桁の世界だとか。。。何着ていこうか困ります(笑)。

さて、天津では弊社の仮オフィス訪問と「Bohai Electronics Week 2006」を参観するのですが、既に天津入りしている同僚(香港人)が4日から北京に移動する一方、私は5日(日曜日)の午後、北京経由で長春へ行くので、4日丸1日暇になる予定です。せっかくなので、どこか天津の観光地にでも行こうかなと思っていますが、ネットで調べた限り、あまりなさそうですね。googleでヒットした「天津の日本語観光なら・・・」というのはリンク切れだったし「天津エクスプローラー」もあまり情報は無かったし。。。

どなたか、天津のお薦めのスポット、レストランなどご存じでしたらご教示頂きたく、宜しくお願い致します。また、4日(土曜日)のランチやディナーなど、ご一緒できる方などおられましたら、国籍を問わず大歓迎ですので、途夢郷(とむさと)宛に是非ご連絡頂きたく宜しくお願い致します。

ご連絡は、途夢郷の公開可能なメルアド、tom_pub@mac.com まで宜しくお願い致します。頂いたメールに、私の現地での連絡先(ホテルや携帯の番号)を載せて返信します。

また、5日の夜も初めての長春で1人の予定ですので(但し、スケジュール的に観光している時間は無いと思います)、長春にお住まいでこのブログを見られている方などおられましたら(確率、低いだろうな・・・笑)、同様に連絡お待ちしています。

追伸:
公開可能なメルアド=スパムが多く来るようになったら、別のメルアドに即変更可能なメルアドです。これは「メルアドのエイリアス」といって、エイリアス設定したアドレスは、それがどんなアドレスでも、私の本来のメルアドに送信されます。アップル.macのサービスの一部です。こういうご時世、懸賞応募用やメルマガ登録用、はたまた、こういった公開用として結構便利です。

21:07:25 | tom | comments(3) | TrackBacks

October 30, 2006

長男の運動会と写真プリンター

今日の香港は重陽節で祝日、予定取り香港日本人学校中学部の運動会が香港島のアバディーン運動場で催されました。中学部は小学部に比べると人数も少なく、また、香港が祝日でも中国工場に勤務している日系企業の日本人は休みじゃない場合が多いようで、観戦している保護者の人数もぐんと少なかったです。ついでに、小学部と違って保護者の年齢層もぐっと上がりました(笑)。

準備運動直後に男子1500m競争。任意参加の競技なのですが運動部は参加必須のところが多いようで、サッカー部に入っている元紀も必須。子供の頃長距離が得意で1500m競争では大体3位以内に入り、自己ベスト4分53秒の私は元紀に「もし5分を切ったら2000HK$あげる!」とモチベーションを高めたのですが、最初は飛ばしたものの後半ばてて24位、5位以下は記録計測してなかったようですが、おそらく6分切ったか切らないかの記録でしょう。尤も、1位だった子も5分8秒だったようなので、ちょっとターゲットが高すぎたかな? でも、親の威厳維持(笑)。

また、100m競争でも5人中4位と精彩を欠いた長男でしたが(彼の言い訳では、5人中2人がリレーに選抜された人だったのとの事。尤も、リレーにも選抜されていなかったのも情けないですが・・・)、「KIZUNA」というクラス対抗の大縄跳びでは彼のクラスが24回で1位、またリレーも1位で中学1年生4クラスの中で総合優勝でした。個人では昨日の妹の活躍に兄貴は負けてましたが、団体では兄貴の面目躍如ですね。
元紀持久走 元紀絆 元紀組体操

ところで、昨日デビューしたソニーα100は今日も大活躍でしたが、せっかくのナイスショットを印刷したく、昨日、家にあるオールインワンプリンター・HP-PSC1610でトライしものの色合いも送り精度も今一だったので、ここは最近巷で安くなってきた小型フォトプリンターを買うことにしました。家内の使いやすさを加味すると、やはりPCに接続しなくてもメモリーカードを差し込むだけで印刷できるタイプが必須。運動会から帰ってきた後、近所の量販店FORTRESSに行くも置いて無く、ジャスコの家電コーナーにもエプソン機が1台だけだったので、そこからバスで尖沙咀まで行き、尖沙咀のFORTRESSにも無かったので星光電脳城(Star Computer City)に行き、そこを徘徊して結局HPのPhotosmart A516にしました。おそらく旧機種だと思うのですが価格が788HK$で、他のHPの新しいと思われる方の機種(液晶モニターが大型になり、印刷速度も若干速い)が1380HK$で価格差対機能比で決めました。この店にも他にはCANONの旧型しかなく、香港では小型フォトプリンターはまだまだ一般的じゃないようです。

夕食の後、ソニーα100の中のCFカードをPhotosmart A516に差し込み、小型液晶画面に出てくる画像の中から印刷する画像を選んで印刷ボタンを押すだけの手軽さで、写真屋さんに出したのと同じくらい鮮明な写真が印刷されて来ました。早速、家内の仲良しさん家族の子供達の写真を贈呈用に印刷しました。一眼レフデジカメといいフォトプリンターといい、技術の進歩って本当に素晴らしいですね。



23:41:11 | tom | comments(1) | TrackBacks

October 29, 2006

長女の運動会とα100のデビュー

今日は香港日本人学校小学部大埔校の大運動会でした。長男は今年から中学生になっちゃったので、今日の運動会の主役は星奈のみ。因みに明日が中学部の運動会です(香港は重陽節で祝日)。

そして、先日日本に出張したときに買ってきた一眼レフデジカメ、ソニーα100を初めて実践で使いました。適度な重さと甲高いシャッター音、そしてピントがあったときの「ピピッ」という音が素人をも俄プロカメラマンにしてくれます(笑)。また、11倍ズームは3倍までの薄型デジカメとは大違いで、迫力ある写真がたくさん撮れます。尤も、11倍でもまだ足りないくらいなので、今度、尖沙咀の中古カメラ街で中古の望遠レンズを物色して来ようかなどと思っていますが・・・。

また、運動会のためにあるようなスポーツモードで連射しまくりでした。これまたプロのカメラマンになったような気持ち。特に徒競走には必須ですね。これで色々な表情や瞬間の写真が撮れます。尤も、使いすぎると枚数が膨大になりますが、、、。因みに今日の運動会では220枚弱の枚数となり、1020万画素で1枚のサイズが3MB前後なので合計670MB強となりました。2GBのCFカードにしておいて良かった。

兎にも角にも、女子4色対抗のリレーで2年生8人の代表の1人に選ばれた星奈は頑張って活躍していました。残念ながら、彼女の属する青組は総合2位でしたが。星奈、辛苦了!
星奈ふ●転がし 星奈遊技 星奈リレー

18:33:00 | tom | comments(1) | TrackBacks

October 28, 2006

東莞総站

東莞オフ会の後、新城市酒店に一泊して(一泊220元のわりには綺麗で広く、ブロードバンドもあって快適でした)、東莞総站からバスで羅湖まで行き、そこからKCRで香港自宅に戻ってきました。

東莞総站ですが、ホテルから歩いていこうと思いましたが全然行ける距離ではなく、ホテルの小姐が示した方向に歩いていったものの、それらしいのが見えないので便利商店(コンビニエンスストア)で飲み物を買うときに店の小姐に聞くと、「不可以走」とのことなのでタクシーに乗って行きました。確かに、歩いたら1時間以上掛かりそうな距離でした(笑)。

東莞総站は、鉄道の駅か国内線の飛行場と見間違うような立派な建物で、ここから中国各地にバスが発車します。乗る直前にバスの車掌さんに払うのではなく、総合発券所みたいなところで行き先を告げて乗車券を買い、X線の荷物検車所を越えてから乗り場に行きます。因みに深セン羅湖までは48元。タクシーならおそらく300元くらいとられると思いますが、直通で時間も1時間半程度、安いですよね。中国の長距離バス、乗り始めるとタクシーよりも快適で便利ですよ。
東莞総站

23:32:00 | tom | comments(2) | TrackBacks

October 27, 2006

東莞オフ会

今日は仕事終了後、東莞市城市(東莞市の中心地)までやってきてmixiの「広東省東莞市」というコミティのオフ会に参加して来ました。オフ会の呼びかけがあってから2日くらい前まで参加表明していたのが私を含めて4人くらいだったので、こぢんまりとしたオフ会になるのかなと思いきや、結局10名の賑やかなオフ会になりました。

主謀者は香港に6年在住後中国にやって来て、延べ12年も中国圏で仕事をしているIさん。同じくmixiのコミティである「常平くらぶ」の人気者Jさんとのコンビが抜群で楽しい人でした。尚、当初の「私が最年長になるのでは?」という不安は取り越し苦労となり(笑)、人生の大先輩が2名(しかも2人とも品質管理の大御所)が参加されていました。Hさんは既に何度も面識があるのですが、Nさんは初対面で、やはり中国在住12年(でも中国語は出来ないらしい、爆)、私よりも二回り上の同じ干支でした。中々豪快な方で話が尽きませんでした。

そして今回は華南地区のブロガーで最も有名なPさんと、それに匹敵するくらい有名なCさんにもお会いすることが出来ました。ブログの記事の内容は過激な出来事が多いのですが、お二人とも好青年で、人望が厚いのがわかるような気がしました。虎門から愛車で来ていたので残念ながら飲めませんでしたが、う〜ん、私もクルマが欲しい(でも、気軽に飲めなくなるか・・・)。

ということで、今回は♂だけ10人の男臭いオフ会になりましたが(笑)、中国経験の長い方が比較的多く、また奥さんが中国人の人も何人か居て(元カノが中国人という人もいましたが)、楽しいお話しが聞けました。

23:28:00 | tom | comments(6) | TrackBacks