January 31, 2006

マレーシア旅行もフィナーレです

4泊5日のマレーシア・クアラルンプール旅行もいよいよ今日で終わりです。同じところ、しかもリゾートとは違うクアラルンプールなので普通の人なら長く感じると思いますが、私の場合は昔住んでいた場所なので、あっちにも行きたい、こっちにも行きたい、あれも食べたい、これも食べたい、で、結果的には足りないくらいでした。

香港へ戻る飛行機は午後6時45分発、午後3時くらいまでは充分に遊べるので、チェックアウト後に荷物をホテルに預けてKL市内へ繰り出しました。長女の熱もすっかり下がって元気になったので、彼女も2日ぶりに出掛けることが出来ました。家内も、この2日間行きたくても行けなかったKL市内のショッピングモールにやっと行けました。

まずはKLを象徴する建物KLCC(Kuala Lumpur City Center)のショッピングモール。伊勢丹に寄って紀伊国屋に入りましたが、以前にも増して日本の書籍が豊富になっていました。尤も、日本の書籍は香港でも入手には困らないし、価格的には円換算で香港の方が安いので、眺めただけで退散し、モール内を散策。長女はWindow Shoppingよりも遊びたいと訴えていたので、KLCC内のペトロナスの科学館に行きましたが、入場制限で今申し込んでも3時からしか入れないとのことなので諦めて、室内Theme ParkがあるBerjaya Times Squareに移動しました。しかし、何処も人人でいっぱいです。中国人も自宅での正月家族団欒を終え、街に繰り出して来たようです。
KLCC

Berjaya Times SquareのTheme Parkはいわゆる室内遊園地で、入場料(大人25RM、子供15RM)を払うと中の乗り物には乗り放題。常夏のマレーシアにはこのような室内遊園地が合っていそうです。ここで1時間ほど遊び、ホテルに戻って荷物を取り、空港に向かって今回の旅行はフィナーレを迎えました。う〜ん、マレーシアはやっぱりいいな〜。もう一度住みたいです(笑)
Times Square Theme Park

23:51:00 | tom | comments(1) | TrackBacks

January 30, 2006

Sunway Lagoon Dry Park

長女の熱ですが今朝も下がらず、昨晩は睡眠中にうなされている様子も伺えたので、朝一番でホテルの近くの24時間対応のクリニックに行ってきました。先生はインド人で英語は問題なかったので一安心。扁桃腺が腫れていることに依る発熱で(クリニックで測定時、38度6分)、とりあえずシロップタイプの解熱剤、扁桃腺の抗生物質を貰い、症状が現れた時のためように鼻水の薬、咳止めの薬を支給されました。占めて60リンギット(約1800円)、念のためある程度の現金を下ろしてから行ったのですが、そんな必要も無いほど安かったです。その薬が効いたのか、その後、長女は回復し、午後からは熱も随分と下がりました。夜、はしゃぎすぎていたのが心配ですが、このまま回復し、明日無事飛行機に乗れて香港に戻れることを祈っております。

ということで、今日も長女が安静にしている必要があったので、私と長男の二人でSunway LagoonのTheme Parkに行きました。今回はプールだけでなく遊園地系の乗り物にも乗れるAll Theme対応のチケットを購入し、Dry Parkから行くことにしました。

まず、観覧車に乗り、その後はWild Wild Westに行き、Colorado Splash、Grand Canyon River Rapidsに乗りました。この調子ならコースター系のNiagara Falls Flume Rideにも乗れるかなと思いましたが、この類のものが苦手な長男はチャレンジせずにWild Wild Westを後にしました。。。その後、Theme Park内にある大きな吊り橋Pedestrian Suspension Bridgeを渡プールに戻ってきました。尚、今日は一昨日とは見違えるほどたくさんの人が来ており、Cameroon Climbも15分くらい並ばなければならず、Congo Challengeにも多くの人が並んでいたので、それは止め、Cameroon Climbに2回乗って、ホテルのプールに引き上げてきました。
Wild Wild Westつり橋

部屋に帰ると長女はすっかり元気になっており、家内とSunway Pyramid内のショッピングセンターに買い物にいっていました。市販の薬よりもやはりお医者さんの薬の方が数倍効くみたいですね。シロップ状の薬は相当苦いらしく、飲む時には気合いを入れて飲んでいるようでうが(笑)。この調子なら、夜も家内が楽しみにしていたタイスキのCOCAに行けそうなので、昨晩、彼女の看病で眠れなかった分を補うため、午後3時半には部屋に戻り昼寝タイムとなりました。

そして夜は、家内が待ちに待ったCOCA。台北にもCOCAはあったのですがMalaysiaのCOCAとは様子が違ってタイスキがメインではなかったので、このCOCAのタイスキを切望していました。特に、トムヤンクンのスープの味が出せる秘伝のタレが絶妙です。タイスキの具も、メニューを見ると懐かしい具ばかりで、あの当時(もう5年前)に戻ったような気がします。結局、今日もお腹12分目で大満足でした。これだけ食べて6000円ちょっとなのは、やはりMalaysiaのCOCAですね。尚、駐在当時贔屓にしていたKLプラザ内のCOCAは昨日裏切られたので(KLプラザ全体が閉まっていた)、今日は偶然宿泊先のSunway Pyramid内にあったCOCAで食しました。
COCAホテル正面のイルミ

23:03:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 29, 2006

長女が発熱して長男と二人でKL散策

実は昨晩から長女が発熱してしまいました。我が家で一番元気で病気知らず、昨年末に長男→私→家内の順に発熱したときも元気だった彼女ですが、久しぶりのプールではしゃぎ過ぎたのも原因の一旦なのか、昨晩のKL旧友とのディナーの時から調子悪そうだったのですが、部屋に戻るなり身体が熱くなっておりました。

昨晩はおでこに冷えピタして寝てましたが今朝になっても熱いので、朝食も私と長男だけで行き、帰りにショッピングセンター内のMacと回転寿司からテイクアウトで彼女と家内の分の朝食を調達して来ました。

今日の予定は、私がKLに駐在していた時には工事中だった、Jalan ImbiとJalan Sultan Ismailの交差点の近くに出来たBerjaya Times Squareに行って、中の室内コースターに乗ることでしたが、長女の調子が回復しなかったので諦めました。。。とは言うものの、何処にも出掛けないのは、元気な長男にとっては退屈のなにものでもないので、家内が長女をみて私が彼を市内に連れて行きました。

これといって彼が行きたいと思う希望も無かったのですが、昔は無くて今はあるKL市内の鉄道(モノレールも含む)関係を意識して出掛けることにしました。最初にタクシーでMid Valley Mega Mallまで行きましたが、今日は旧正月の元旦なので閉まっている店も多く、感覚としては5年前にオープンした当時とあまり変わっていないような感じがしました。
Mid Valley Mega Mall

ここからKTMコミュターでKL中央駅まで行き(RM1=約30円)、ここでKLモノレールに乗り換え、KLの昔からの繁華街「ブキットビンタン通り」を目指しました。尚、KL中央駅からLRTスター線に乗り換えるのは駅構内で出来ますが、KLモノレールに乗り換えるのは一度駅構外に出る必要があり、しかも看板などの案内が非常に分かり辛いので結構迷いました。駅構外という事前情報が無ければ、まず辿り着けないと思います(事前情報があっても難しい・・・)。
KTMコミュターLRTスター線

KL中央駅からBukit Bintang駅まで切符を買いましたが、Berjaya Times Squareに行くには1つ手前のImbi駅で降りた方が良さそうだったのでそこで降り、家内に先立って長男と二人で偵察して来ました。ここもまた、中国正月で閉まっている店も多かったのですが、私が探していたデジカメ用の防水パック(SONY DSC-T9専用)をゲットし、「ラーメン太郎」でちょっと遅い昼食を取った後、Sungai Wang Plazaを覗いてタクシーでホテルまで戻ってきました。尚、、Sungai Wang Plazaも殆どの店が閉まっており、「旧正月って、こんなに店が開いていなかったのかな??」と改めて思い知らされました。ところで、お目当ての室内コースターは、長男が怖じ気づいてしませんでした(笑)。
タイムズスクエアー室内コースター

ディナーですが、長女の熱が下がったので、昔よく行ったコンコルドホテルにある串焼き屋「南蛮亭」に行ったのですが既にそこには無く、Star Hillのタイスキ屋「COCA」に行くと今度はビルの入り口のシャッターが閉まっておりNG、結局、そこの近くのステーキ屋「The Ship」に行き、そこでステーキと大きなロブスターを食しましたが、長女は再び熱が上がってきて元気が無かったです。尤も、私のRib Eyeステーキを彼女が結構食べてましたが。。。
ロブスター調理前ロブスター調理後

23:33:00 | tom | comments(1) | TrackBacks

January 28, 2006

Sunway Lagoon Theme Parkで水遊び三昧

今日はSunway Lagoon Resortのメインであるテーマパークで遊びました。今回の予定では3日間丸々プール遊びが出来る日程ですが、テーマパークは別料金だし1日やれば飽きると思ったので、テーマパークに行くのは明日以降にしようと、まずはホテル内のプールで遊んでいましたが、このプールも1時間も泳げば飽きてしまい、隣接しているテーマパークに行きたいと言い出したので、都合良くホテルのプールからテーマパーク直通のゲートもあったので(ここ以外では、正規の正面ゲートまで非常に遠回りになります)、そのままテーマパークで遊ぶことにしました。

今日はマレーシアの中国正月連休初日ですが、ご覧の通りガラガラ。こんなに大きなLagoon式のプールがほぼ貸し切り状態です。でも、そこから見えなかった流れるプールやウォータースライダーがあるゾーンは多くの人で賑わっていました。尤も、ウォータースライダーも5分も待たないで滑れる程度なので空いているほうだと思いますし、いつもこんな状況だと経営の方が心配になります(笑)。尚、KLの中国系の人はIpohなどに里帰りする人が本当に多いようで、中国人系のレストランなどは今日から軒並み休みになっているようですし、テーマパークでも地元の中国系らしい人の姿は殆ど見ませんでした。
テーマパーク1

それに変わって多いのが、マレーシアの人口の大多数を占めるマレー系の人達ですが、女性は宗教上(イスラム教)の理由で肌を大っぴらに露出できないのでTシャツを着たままプールに入っている人が多いのです。Tシャツの下は水着かと思いきや実は下着のままの人が多いようで、黒いTシャツの場合はいいのですが、白いTシャツの場合は下着が思いっきり透けて見えて、かえってセクシー度が増してしまうような気がするのですが・・・(汗)。
マレー人

結局朝10時半から午後4時半までずっとプールに入っており、皆、顔を真っ赤にして日焼けしちゃいました。長男とも長女とも2人乗りのスライダーで遊びましたが、大人がやっても面白く、私自身も童心に返って遊び、うつ伏せになってすべる1人ずつのスライダーでは、本気になって長男と競争してしまいました。体重で勝る私が3勝負け無しでしたが・・・(笑)。
スライダー1スライダー2

尚、今日のディナーは、ホテルに隣接していて便利なSunway Pyramid shopping mallにあるタイ料理屋で、KL駐在時代にオフ会などをやったJalan Jalan仲間のHさんMさんご夫婦と約6年ぶりに再会し、ディナー共にしました。久しぶりに食すトムヤンクンとグリーンカレーは美味しかった・・・(^_^)v
タイ料理

22:54:35 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 27, 2006

5年ぶりのマレーシアと2つの再会

突然ですが(笑)、今日から4泊5日でマレーシアのKL(クアラルンプール)に来ています。私にとっては、2000年10月に出張中のペナンからF1観戦に来て以来、実に5年ぶり。また家族にとっても、2000年9月に帰任して以来5年ぶりです。

今回の中国正月連休に際し、行き先を今年に入ってから探したのですが、28日から31日までの4連休だけを使って香港から行ける手頃なリゾート地は軒並み満員で取れず(特に飛行機が満席でとれません)、色々探した結果、KLの郊外にプール関係のテーマパークを主としたリゾートホテルSunway Lagoon Resortのパッケージツアーがあったので決めました。但し、旅行会社の広告に出ていた価格4800HKDでは行けず、2割ほど高くなりました。但し、28日の朝出発のマレーシア航空をずっとWaiting Listにかけていたのですが、それが取れず、価格が更に上がってキャセイ便なら取れるとのことで、それに一旦は変更したのですが、今週に入ってから、今度はそれも駄目で「1日早い27日の午後便ならマレーシア航空の便が取れるが・・・」という連絡があり、27日の今日は出勤日でしたが半ドンで上がって(但し、中国の工場は今日から連休に入っています)、2時半の便で行くことにしました。尚、香港オフィスの位置が家よりも飛行場に近いので、家族とは空港で待ち合わせました。

ここで非常に偶然な一つの再会。空港でWireless LANでメールのチェックをしながら出発時間を待っていると、某S社にてKL駐在時代の同僚の中華系マレーシア人(その後、別の会社を数年経由し、今は中国恵州の某S社に入社。同じ某S社グループ)から電話があり、話をはじめたら、何と同じ便でKLに向かうとのこと。搭乗口に行ったら、懐かしい彼の顔がそこにありました。彼とは電話では2年前くらいに台湾にいるときに話した記憶がありますが、会うのはやはり5年ぶり。そんな彼と同じ飛行機でKLに行くことになろうとは、本当に凄い偶然です。特に、今週に入ってからの便の変更が来なければ、会うことも無かったのですから・・・。

マレーシア航空に揺られること約3時間半で、KLIA(Kuala Lumpur International Airport)に到着しました。現地の気温は午後6時半にもかかわらず31度。マレーシアは今が乾季で一番暑い時期ですから、予想通りでした。但し、建物の中は南国の何処の国に行っても共通である、エアコンでガンガンに冷やしてあるので、その蒸し暑さを感じたのは、空港の建物を出てタクシーに乗る時でした。尚、タクシーの中もエアコンガンガンで涼しいです。

事前情報で、KLIAから市内までを30数分で結ぶ高速鉄道が出来たとのことで、それにも乗ってみたかったのですが、Sunway Lagoon ResortはKL郊外だし、4人だとタクシーの方が安くなるのでタクシーでホテルまで行きました。尚、基本的にKLIAの雰囲気は5年前と殆ど一緒でしたが、家内曰く、「空港内のショップにHarrodsが出来ていた」とのことで、帰りに寄りたいそうです。

Sunway Lagoon ResortのPYRAMID Toworにチェックインしたあと、もしかしたら明日から中華系のお店は軒並み中国正月で閉まるのでは、と思ったので、早速チャイナタウンに行きました。ここは私がKL出張時代に何度も通った想い出の地です。自分が昔と違うのは、当時は中国語が喋れませんでしたが今は喋れるので、以前とはまた違った屋台のお兄ちゃんとの駆け引きが出来るのではと楽しみでした。実際、こちらが中国語で会話をはじめると大抵の中華系の人もそれに中国語で応えてきますが、元々KLは広東語の世界なので北京語は怪しく、こちらのつたない北京語でも日本人であることは全然ばれませんでした。これで、日本人価格を提示される心配は無いですね(笑)。尚、チャイナタウンの上にはガラス張りの屋根が通り全てをカバーするように作られていて、雨の日もショッピング出来るようになっていました。それ以外は、相変わらずブランド品のコピー版の時計、バッグ、Tシャツ、サングラスなどの屋台がたくさん並んでいて、人がすれ違うのもやっとなほど混み混みしていて、昔と全く同じでした。
チャイナタウン

ところで2つ目の再会ですが、食事をとろうと、日本からネット友達が来るとよく連れて行ったB級グルメの屋台に来ると私に声を掛けてくる兄ちゃんがいたので振り返ると、当時、呼び込みをやっていて私と友人達が「ボーイ」と呼んでいた兄ちゃんでした。彼がこの店で働いていたことは覚えていましたが、お腹が空いてここに向かっている段階では頭に浮かばなかったし、まさか今も同じ店で呼び込みをしているとは思わなかったので、再会したときには私も興奮しましたし、私を覚えてくれていたことが非常に嬉しかったです。尚、5年以上振り(恐らく6年ぶり)の彼は相変わらず少年のような顔つきでしたが、随分と恰幅が出ておりました。以下、その彼と我が家の子供達の写真と、今晩食したB級グルメの写真です。
ボーイB級グルメ

23:41:00 | tom | comments(2) | TrackBacks