April 30, 2005

Mac OSX 10.4 "Tiger"導入

昨日発売されたMacの新しいOS「バージョン10.4」通称「Tiger」を尖沙咀のAppleショップで購入し、早速インストールしました。結論からいうと、今のところまだまだ不満足です。

今回のTigerの大きな機能アップ
1.ファンクションキーを一押しすれば、たちまちデスクトップに現れるDashboard
2.Macに保存されているものなら入力する端から何でも見つけ出す、全く新しい検索機能Spotlight
3.時間のかかる反復的な作業を、素早く、効率的に、難なく完了させるAutomator
4.3D表示を特長とすし、相手があたかも同じ部屋にいるかのような感覚をもたらすiChat AV
5.その他、SafariのRSS対応、QuickTimeが7へアップデート、.Mac Syncの機能アップ、新しいインターフェースのMail

ですが、その中でも事前アピールが一番強かったDashboardは、Konfabulatorというシェアウェアで実現出来ていた機能であり、機能を追加するWidgetもDashboard用はまだまだ少ない(特に日本向けのWidgetは皆無)ので、Tigerにアップデートした後もKonfabulatorを使っている状態です。

また、SafariのRSS対応は、確かにRSSを意識しないでニュースのタイトル一覧が表示出来るのは便利ですが、パソコンTV「Gyao」のニュースのページが表示されない(勝手に前のページに戻ってしまう)、このブログを書く時にURLリンクが意図しない部分にリンクされてしまう、という不具合があるので、結局、FireFoxも併用している状態です。

その他の不満としては、QuickTimeがVer.7にアップデートされたのはいいのですが、Ver.6の時に購入したProキーがVer.7では使えなくなり、例えば、ネットで見つけたMP3などのファイルを再生出来ても、Ver.7では保存出来なくなってしまいました。保存出来るようにするには、再びVer.7用のProキーを買う必要がありますが、Ver.6のProキーは今年に入って中国語の歌のMP3データをダウンロードするようになって購入したばかりなので、納得がいきません。また、前のVer.6に戻したくても、AppleのサイトにはもうVer.6がダウンロード出来なくなっており、旧バージョンにも戻せない状態です。これの不満はAppleの公開議論掲示板「Discussion Board」を見ると全世界的に起きているようで、旧バージョンに戻す方法などが近々公開されるものと期待しておりますが・・・

また、狭い画面のPowerBookG4 12インチで便利に使っていたVirtual Desktopを実現するフリーウェア「Desktop Manager」が使えなくなってしまいました。これはDesktop Manager側のバージョンアップを待ちたいと思います。

と、色々と不満点ばかり挙げてきましたが、それほど期待していなかったSpotlightは結構使えそうです。検索が非常に早いのと、検索対象や保存場所などを意識することなく検索出来るのは非常に便利です。

まだ1日目なので、Automatorなど使っていない機能もたくさんありますので、これから色々と試してみたいと思います。尚、Tigerの変化した部分の詳細は以下のサイトが役に立つと思います。
【特集】Mac OS X Tigerの実力は? - 4度目のアップデート、その真価を探る




22:17:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 29, 2005

表面実装エンジニア大募集!!

このブログでも、彼が弊社の東莞の2工場を見学した際の事を書きましたが、実はその彼、弊社に入って頂けるものと非常に期待していた表面実装(SMT)エンジニア(マレーシアのKLで、彼が駐在時に私が長期出張で一緒に仕事をしたことがありました)が、最終的に別の企業に行く事を決めてしまったので、ショックを受けております。

SMTの専門家としての豊富な経験と実力、マレーシアと中国での駐在経験で英語・中国語によるコミュニケーションスキルにも優れている、従って、弊社の環境の中で即戦力として期待出来る旨、私のS社時代の上司と共に弊社会長に談判し、現地採用としては破格の条件を出して迎え入れる準備をしていただけに、残念でなりません・・・。実際、実装専門家+英語・中国語+中国に駐在出来る+まだ若いという条件の人材を見つけるのは、そう容易なことではありませんし。。。

弊社は100本近い実装ラインを有するSMTビジネスを中心としたEMS企業でありながら、SMTの専門家が少ない中でオペレーションし、また急激に拡大していることは非常にリスキーであり、一日も早く専門家を入れて実装技術とオペレーションに関する部分を強化したいと思っています。実装技術者探しが振り出しに戻ってしまいましたので、もし皆さんの中で、香港や中国で仕事をすることに興味のある表面実装エンジニアをご存知でしたら紹介して頂きたく宜しくお願い致します。今回の一連のリクルートで、現地採用としては破格の条件を弊社TOPから引き出せる自信はありますので、我こそはと思う方は遠慮無く私に連絡して下さい。

23:05:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

生産革新セミナー

今日は生産革新に関するセミナーの部と、昨日の工場巡回の時の指摘事項のプレゼンがコンサルタントよりありましたが、英語でのプレゼンなので、ポイントがどこまで伝わったか不安です。失礼ながら、コンサルタントの英語は期待していたより下でしたので香港幹部へどの程度伝わったのかと、弊社の中国人キーメンバーは英語が苦手なメンバーが多いので。。。

また、彼等のセミナーに対する印象は「コンサルタントの自己紹介と過去の成功事例の紹介が多く、我々の現状の生産ラインに対して、どのようにしたらセル化出来るのか具体的なアドバイスが少なかった」と感じているようです。実は弊社もTOPダウンにて過去に数度セル化にトライしているのですが、その都度しくじっているようです。質疑応答の中である部門のヘッドが「過去にセルラインをセットアップしたが、うまく行かなかったので元のコンベアラインに戻した」と言って、その理由を列挙していたのですが、その理由(問題点)は、すべて通常はセルラインのメリットとして語られている内容でした。

従って、彼等のセル生産方式に対する印象は非常に懐疑的で、今回のセミナーでもそれを拭い去ることは出来ませんでしたが。同じような環境で広州にある私が昨年まで居た台湾企業は大きな実績をあげているので(100m程度の長さのI型コンベア方式を30m程度のラインに間締めし15%程度生産性を良くし、次の段階として25%生産性が上がるU型のセルラインを展開中)、今後の長期コンサルタント契約後の実践の中で具体的なアドバイスを受けながらセル化のコンセプトが伝わり、上記にあげた数度失敗しているラインでセル化が成功すれば、コンサルタントの弊社での名声も一気に上がるでしょうし、弊社の生産革新も一気に進んでいくものと思います。

20:02:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 28, 2005

生産革新活動開始

今日は生産革新のコンサルタントを招いて工場診断をして頂きました。今頃そのコンサルタントは、明日発表する資料(改善に向けての提案とプラン)をホテルの部屋で作っている事と思います。その為に、今晩アレンジする予定だったディナーを却下したくらいプロ意識の高いかたです。尚、このコンサルタントの会社は台湾にありますが、コンサルタント自身は日本人です。

その工場診断ですが、私はコーディネーターなのでコンサルタントが巡回している時も私と工場長(香港人)はずっと彼につきっきりで工場内を徘徊していました。途中一度も休憩をとることなく、3時前から7時半まで4時間以上ぶっ通し。久しぶりにこんなに長い時間現場にいたので(しかもずっと立っていた)大変疲れました。

コンサルタントも、思ったよりも多品種少量生産でカテゴリーも非常に多いので、中々苦戦するかも知れませんが、昔はセル生産や生産革新に懐疑的だった台湾の会社を啓蒙して生産革新を始めさせた実績を信じ、明日のセミナーと改善プランに期待したいと思います。

23:31:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 27, 2005

塘廈のローカルグルメ

昨日今日と、ディナーはいつも行っている日本食屋ではなく、塘廈のローカルグルメで済ませました。

まず、昨日は散髪の後に「雪飛龍餃子館」。9時を過ぎていたので小姐には迷惑そうな顔をされ、人が食べている隣で机の整理とかをされましたが、ビールとそのつまみにピッタリの羊肉串焼、そして精肉餃子です。中国では餃子はおかずではなく主食なので、これで充分。尚、羊肉串焼は胡麻がまぶしてあってピリ辛で固めで、ビールのつまみには本当にピッタリ。しめて45元。
餃子館

そして今日は、湖南省出身の中国人と彼の郷土料理である湘菜(湖南料理の総称)を「桃花江湘菜館」で食べました。湘菜菜は全体的にピリ辛の料理なので、野菜も豚の角煮も、ビールにはピッタリの料理です。辛さでご飯もはずむので、油断しているとすぐに食べ過ぎになってしまいますよ。
湘菜

23:54:00 | tom | comments(1) | TrackBacks