December 31, 2004

香港で過ごす大晦日

今日は大晦日、2004年もあっという間に終わりですね。

今日は、先日台湾から香港に来る時に飛行機に乗せて貰えなかった元紀のサッカーボール(空気を抜いていないと駄目らしい)と、預けたのにターンテーブルから取るのをすっかり忘れて3日後に思い出した元紀のスポーツバック(&中身の荷物)を引き取りに、空港に行ってきました。

昨日と同じように歩いてホンハムの駅に行き、そこで元紀用のオクトパスカードを作り(11歳までは子供料金、70HKD)、早速それを使ってA21番のCitybusで飛行場に向かいました。ご存じのように香港のバスは2階建てが多く、2階席の先頭の席は眺めが抜群です。行きはそこには座れませんでしたが、帰りはそこに座り、景色を楽しんで来ました。
http://www.citybus.com.hk/eng/main.asp
Citybus

荷物の引き取り場所は出発ロビーと到着ロビーの中間の階(6階)にありました。そこに行くと元紀のボールは、空気を抜かれた状態でCatheyの頑丈そうな箱に入れられて保管されてました。また、スポーツバッグも、確かにここにありました。丁度お昼時の時間なので、元紀と香港で一番気に入っている「味千ラーメン」で食べてきました。私は豚肉ラーメン、元紀は味噌ラーメン。サイドオーダーで牛肉ガーリック焼き。
http://www.ajisen.com.hk/
味千ラーメン

昨日、シンセンで買ってきたDVDプレーヤーには填められたので、帰りにモンコックで降りて物色して来ました。いくつか店を眺めていたら、SUMSUNGのVCRと一体になった機種DVD-V940Kが目に留まり、店のオジサンに聞いたらリジョンフリーとの事。JuscoやFortressなどの量販店でも同様の機種はありましたが、リジョンが固定されていて日本のDVDが見られないので購入しませんでしたが、さすが怪しい街モンコック、こういった製品もリジョンフリー対応出来ているようです。
http://www.samsung.com/he/products/dvdplayer/combodvdplayers/dvd_v940k.asp

以下、記事とは関係ありませんが、先日私がソニーエリクソンの携帯電話S700iを買った「先達廣場」です。このビルの中は、携帯電話屋だらけで、並行輸入物などが格安で買えます。
先達廣場

また、この写真は、ホンハム駅からの帰り道、うちのアパート「Laguna Vrdre」の近くからとったLaguna Vrdreの全体図です。本当に大きなアパート群です。手前に見える緑が、我が家の窓の真下に広がる「和黄公園」です。
Laguna Verde

我が家の大晦日の晩ですが、BS-iでレコード大賞を放送していたのでそれを見て、香港時間の6時半からは紅白歌合戦に切り替えて、時々レコ大も見つつで過ごしました。でも、お酒も結構入った後の9時半頃、深くにもソファーで寝入ってしまい、年越しそばを食べられませんでした。

23:40:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 30, 2004

1ヶ月ぶりの東莞&オクトパスカード&不良品のDVDプレーヤー

今日は仕事用のPCを取りに、預けてあった東莞石龍の友人のところまで行って来ました。

まず、自宅からKCRホンハムの駅まで歩いてどのくらい掛かるのか知りたかったため、初めて徒歩で行きましたが、約15分、それほど遠くはないですね。

ホンハム駅でオクトパスカード(八達通)を買いました。これは香港で非常に流通しているキャッシュレスカードで、日本のSuicaと同じシステムです。香港の方が普及は早かったですね。まず150HKDでカードを買い、この額面のうち50HKDが保証金で100HKD分使えます。残高が無くなってきたら、駅にある補充用の機械で金額を増やします。このカード、電車やバスで使えるだけでなく、コンビニや加盟している小売店でも使えます。香港の場合、バスは金額が一律ではなくお釣りも出ないし、小銭の種類が多くまた妙に大きくて重いので、このカードは香港で生活する上では必携だと思います。
http://www.octopuscards.com/eng/index.htm

シンセンから石龍まではバスで行きましたが、シンセンから石龍に行くのはいつもと逆のパターンで初めてだったのですが、乗り場はいつも降りるところと同じ場所でわかりやすかったです。それから1時間半後に石龍に着きましたが、風が強くとっても寒かったです。気温5度との事。。。

その後、同じバスで帰ろうと富林酒店まで行くと、本日のシンセン行きバスは終了したとの事で、しかたなく石龍駅まで歩いて行き、そこから電車でシンセンに行きました。

香港でDVDプレーヤーを物色しているのですが、普通の量販店では中国ブランド以外のプレーヤーはマルチリジョナル対応ではないので日本のDVDビデオが見られないので、シンセンの商業城にマルチリジョナル対応改造済みの有名ブランドのプレーヤーがないものかと探してみたところ、ソニー製のDVP-350Mというのを見つけました。でも、箱やリモコンが超安っぽく、本当にソニー製なのだろうか・・・。ネットで調べたところ、ebayで取引された履歴をヒットしましたが。。。

しかも、自宅に着いて動かしてみると、全てのDISCがNO DISCになってしまいDISCを認識していない。。。音を聞いてみるとスピンドルモーターが回っているような音がしないので、蓋を開けて中を見て断線がないかチェックしてみましたが、特にそれらしきモノは発見出来ず、どうやら不良品を掴まされてしまったようです。でも、その店では、この実機を使って動いていた筈なのに。。。(私がテーブルタップを買っている間に、別の在庫品を渡されたのかな)。それ以外にも、バネで閉まるようになっている外筐の蓋やリモコンの質感など、とてもソニー製には見えませんでした。ちなみに570HKD。今度行った時に突っ返して来ます。

自宅に着いたのが午後8時を回っていましたが、それまで待ってくれていた家族と一緒に「牛丼の吉野屋」で牛丼を食べました。日本の吉野屋は牛丼を再開したかどうかは知りませんが、ここではちゃんとした牛丼(吉野屋の味の牛丼)を食べられました。
http://www.yoshinoya-hk.com/intro.htm
吉野屋

23:42:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 29, 2004

銀行口座開設と病院

今朝は7時に目が覚めましたが、気温は7度。台北の気温を調べたら13度だったので、台北よりも寒いです。でも空は晴れ渡っていて、ちょうど我が家からアパート群の隙間を塗ってWhampao Plaza方面に見える香港島のランドマーク(国際金融中心二期かな?)に太陽がオレンジ色に反射してとても綺麗です。

午前中は元紀と一緒に銀行口座開設のために歩いていける距離のCITIBANKに行ってきました。台湾で両替したUSDとパスポート、香港の会社の契約書を持って行きましたが、まだ香港のIDが取れていないので、とりあえず開設は出来るけど使えるようにはならないとのこと。

最初は辿々しい英語の担当者でしたが、途中から英語が流暢で知識が豊富そうな理財顧問に代わり、その後はスムーズに行きました。さっそく手持ちのUSDを預けたいと思ったのですが、現金は一度に3000USD以上を入金すると手数料が取られるとの事で、2000USDくらいずつ複数に分けて入金したほうがいい、とのアドバイスを貰いました。尚、香港CITIBANKの場合、月平均口座残高が30,000HKD以下だと口座維持費として200HKD取られます。約44万円。今、日本だと100万円、台湾だと約70万円だったかな。
CITIBANK

もう昼時をとうに過ぎたので、家にいる妻君と星奈を呼び、元紀とCITIBANKに行く時に美味しそうに見えた「札幌ラーメン・DOMON」で昼食を取ることにしました。Power Lunchというラーメン+餃子やミニライスなどのサイドメニュー1品+飲み物のセットが68HKDがとてもお得です。また、店内には日本語の新聞、漫画、雑誌なども置いてありました。

DOMONは香港に5軒、シンセンに1軒あるそうです。
http://www.domonsapporo.com/
Domon

腹ごしらえした後は昨日と同じようにJuscoで備品の調達。私は昨日買い忘れて今朝髭が剃れなかったので髭剃りを買いまいたが、Shickのサバイバルツール付きのを見つけて喜んでおります。なんせ、船便と航空便が来ないので工具が何も無くて不便だから。。。

場所を移動して、昨日報告したPriceriteやFortressが入っているビルに行き、妻君がPriceriteで買い物している間、元紀とこのビルを探検していました。そんな中、変圧器を売っているお店を発見!電気関係の細々とした部品の調達に使えそうです。でも、日本式の平行2芯の電源タップはここにも売ってません。あれがあれば、香港式の変換プラグをそんなに買わなくても、電源タップの元に一つ付ければ、日本式の電源コードが挿せるんですけどね。台湾から船便で2つくらい送ったけど、もっと送れば良かったです。尚、このビルには、他にも星奈が好きそうな日本のキャラクターのオモチャ屋が5軒くらい有り、怪しさを醸し出しています。
近所の電気屋近所のオモチャ屋

やっと買い物が終わり帰路に向かい、私が住むLaguna Verdeの高層アパート群を撮影していたら、なにやら妻君が怒っています。元紀が階段を駆け上がった時に転び、指を強打した模様。部屋に戻ると泣き出し、骨が折れていないかヒビが入っていないか予想するのに、寒気がするか聞いたところ、ちょっと寒気がするというので、「ハロー香港」に載っている病院の中で、住所が比較的近いと思われる総合病院の「セントテレサ(聖徳助撤医院)」に行くことにしました。
http://www.sth.org.hk/

元紀のパスポートを持ってこなかったので、私のを見せて初診の登録をし、「もう接骨関係の専門医はいないので総合医に見て貰って、緊急なら専門医を呼ぶようにするけどいいか?」と聞かれたのでOKし、15分ほど待って総合医の女医さんに診察して貰いました。レントゲンを撮り、幸い骨には異常はなく事なきを得ましたが、それにしては、なんであんなに痛がったのだろう。。。人騒がせなヤツです。薬を貰って診察代込みで570HKD。保険がないので、元紀の小遣いからさっ引こうかな。

以下、元紀のアクシデントがあった時に撮影していたLaguna Verdeの高層群です。
Laguna Verde

23:32:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 28, 2004

香港での生活が始まりました

ホテルをチェックアウトしいよいよアパートに移動します。

最近気付いたことですが、英語が比較的通じやすいと言われている香港でも、タクシーの運転手は英語も中国語も通じない場合が多いようです。従って、自分たちのアパートへ行くのに「Laguna Verde」と英語で言っても通じないと思ったので、「Laguna Verde」を広東語で何と表記するのか(表記だけなら、中国語と同じ場合が殆ど)ホテルのボーイに聞いたが、彼も知りませんでした。

結局、セブンイレブンで買った地図にて「海逸豪園」であることがわかりましたが、広東語の音をそのままアルファベット表記にせず「Laguna Verde」などどハイカラな名前にするので、かえって通じづらくなっているようです。

アパートのIDカード用の星奈の写真を準備し(8枚セットで40HKD、尚、星奈以外は、既に持っていた適当な証明写真を使った)、アパートに移動し、約束していた時間にやって来た不動産屋のR小姐に渡しました。

その際に、固定電話とInternet ISPの契約の申請書も出しました。固定電話の番号は決まりましたが、使えるのは1月3日からだそうです。また、ISPは、NTTコミュニケーションズのHK法人?であるHKNETが日本人向けに比較的安値なサービスを提供しており、そこでADSL 6Mのコース(時間無制限で月額298HKD)を申し込むことにしました。
http://www.hknet.com/jp/

ADSLが使えるのは固定電話が開通してからだから、それまでは無線LANが使えるホットスポットまでPCを抱えていき、そこから最低1日1回、インターネットにアクセスしようと思っていましたが、なんと自宅から無線LANの信号が受信出来、セキュリティも掛かっていないのでインターネットにアクセス出来ちゃいました。

家の中のある一室以外は電波が非常に弱くなるので、恐らくこの部屋の上下の部屋に無線LANのベースステーションがあるのではと思いますが、私のADSL開通まで拝借する事にしましょう。電気泥棒みたいで良心が咎めますが、その方への実質的な金銭的被害等は無いので・・・(^_^;)。

その後、家族揃って初めての買い出しです。まずは布団がないと住めないので布団を買いましたが、今日の香港は想像していたよりずっと寒くて最低気温11度。風が強いので、体感気温はもっと低いです。尚、家から歩いて5分くらいの場所が、この界隈「Whampoa新世界」の家具エリアで、Pricerite(實恵)やFortress(豊澤)など家具・日常備品や家電の量販店があって便利です。
http://www.pricerite.com.hk/
http://www.fortress.com.hk/eng/home.asp

Pricerite


でも、家電関係は、配達して貰える時間が早かったJusco(吉之島)内の電気屋さんで買うことにしました。今日購入したのは、電子レンジ、電気ポット、コーヒーメーカー、掃除機、電気ヒーター、元紀の学習椅子、オーブントースター。早速Juscoカードにも入会し、ポイントもゲットしました。尚、毎月2日と20日は、Juscoカード会員は5%の割引価格で買えるそうです。

ということで、長い1日が終わりましたが、初日から自宅でインターネットが繋がるとは、本当にラッキーだ!(^^)v

追伸:
我が家の窓からの風景。目の前の和黄公園が、まるで自分の庭のように目の前に広がります。この緑、いいかも。。。
和黄公園

23:29:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 27, 2004

台北を離れ香港に着きました

今日は10時に円山飯店を出発して、午後1時15分発のCX511便で香港に着きました。

円山飯店には元紀の友達がお母さんと共に見送りに来てくれ、最後の談笑と記念撮影です。空港行きのバンに乗り込むと、妻君は涙、涙で、元紀の友達はクルマと一緒に走りながら見送ってくれました。また、空港には我々よりも前の便で日本に帰任した人を見送りに来た台湾人の同級生(両親共台湾人ですが、日本語は両親も彼もペラペラ)が我々を待ってくれていて、妻君はここでも涙のお別れでした。

その後、台湾ドルを香港ドルに大量に両替し(レートは、Yahooファイナンスでの現在の通貨レイトに比べ、30万円強で5000円程マイナス)、牛肉麺や肉骨麺で腹ごしらえしていざ出発です。

ボーディングする時に、元紀がハンドキャリーしていたサッカーボールは萎ませないと機内に持ち込めないとの事で、このボールは台湾に置いてくることになりましたが、後の便で来ることになり、荷物引き取りのカウンターでチェックしたら、午後6時着くらいの便で香港入りするとのことでした。1週間以内くらいに取りにくればいいそうです。

香港中心街まではいつもはAirport Expressを使ってましたが、九龍駅からホテルまではタクシー(しかも荷物が多いので2台)でしたが、バス(City Flyer)なら主要ホテルの傍まで行くことが出来ると聞いていたので、それを使うことにしました。我々が泊まるHarbour Plaza Metropolisの場合、目の前のホンハム駅行きのバスに乗りましたが、一家4人分で99HKD、Airport Express大人一人分の価格とほとんど同じでした。今度から、空港との移動はバスのほうが良さそうです。眺めも良いし。。。

バス

重い荷物を持って徒歩10分弱とはいえ、道の舗装が石畳っぽくって苦労しましたが、午後4時半頃ホテルにチェックイン。その後、待ち合わせている不動産屋のR小姐と一緒に、ここからタクシーで5分ほどの新居に向かい、中野光一似のオーナー(女性)と部屋で合流して説明を色々と受け、キーを受取り契約書にサインしました。

今までとても綺麗に使っていたようで、その辺の注意点も妻君にされ、妻君はちょっとプレッシャー(綺麗に使わなければならない)です。。。実際、築6年にしてはとっても綺麗なんですけどね。

その後、隣にあるショッピングセンター内のUCCレストランでディナーを食し、ホテルに戻ってきました。明日は、電化製品、日用品の調達をし、いよいよ我々の香港生活の始まりです。

23:30:00 | tom | comments(0) | TrackBacks