April 13, 2019

橙魂2019

野球少年時代に大の巨人ファンで、長嶋さんに憧れて長嶋さんと同じ高校に入って野球部だった私には、読売巨人軍の球団歌『闘魂こめて』を聴くと、野球少年だった当時の懐かしさと「巨人軍は紳士たれ」という思いが蘇ります。♪闘魂こめて〜 大空へ〜 球は飛ぶ飛ぶ〜 炎と燃えて〜 おお〜 ジャイアンツ その名担いてグラウンドを〜 照らすプレイの逞しさ ジャイアンツ ジャイアンツ〜 ゆけゆけ それゆけ 巨人軍〜♪

その”闘魂”とジャイアンツのイメージカラーであるオレンジ色を絡めた『”橙魂”2019』のゲームが昨晩あり、公式戦今シーズン初の東京ドームで『読売巨人軍 vs. 東京ヤクルトスワローズ』を観戦して来ました。今日は神宮球場ではないので、敬意を表してもちろんジャイアンツの応援です。

『橙魂2019』は巨人軍の監督、コーチ、そして選手全員がオレンジ色をコンセプトカラーとしてデザインされた「橙魂ユニホーム」を着用するイベントゲームですが、開放感に乏しいドーム球場が好きではない私が来た理由は、昨日がその「橙魂ユニホーム」の配布試合だったから(笑)。今年のデザインはオレンジ色よりも黒色の部分が多いので、こちらの方が普段使いにも出来そうで良いかもです。オレンジ色って超目立つので。

ゲームの方は初回に菅野投手山田哲人にホームランを打たれてリードされましたが、4回のノーアウト1・2塁のピンチを3者3三振で抑えて以降は危なげなく、坂本や亀井のホームラン、そして代打:阿部慎之助のタイムリーヒットで巨人が6対1で快勝しました!

広島カープからFAで移籍した丸選手も4打数2安打で打率.341。開幕2試合の不安が嘘のように、昨年までの丸選手に戻りましたね。そして巨人がヤクルトを抜いて首位に返り咲きました。


Posted by tom at 11:37 P | from category: イベント情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks