February 10, 2019

危険な横断歩道

関東地方でも積雪した昨日、船橋自宅のあたりは3cmくらい積もったのではと思いますが、今日は休日出勤だったので、今年に入ってからお決まりとなっているランニング出社をしました。道路の状況によってはやめようとも思っていましたが、昨日は横浜に行く途中にオフィスに寄って着替えを置いてきたので準備万端。

前回は自宅からオフィスまで走り尽くしましたが、28km程度あり始業に間に合うには自宅を5時30分よりも前に出る必要がある一方で、昨日は卓球観戦して自宅に着いたのはほぼ23時。入浴してから就寝すると5時間弱程度しか眠られなくなるので、今回は篠崎駅まで電車で行ってから(都内に入ってから)約18kmの距離を走ることにしました。これで睡眠不足にもならないし、この10kmの差は身体の疲労感の差にも大きいので、これくらいの距離が気軽に走れます。

そして5時20分に起きて新聞を取りに外に出ると、、、地面が薄っすらと凍ってそうな感じ。実際に走り始めると部分的に滑りやすいところがあり、それでも「都内に入れば交通量が多くて凍っている部分も少なくなってるだろう」と思い篠崎駅で降りると、、、ここも凍っていそうな部分が多々あるし雪もそこそこ残っていました。

走ることにしたことに若干の後悔を抱きながら走り始めると、光っていても霜程度のところは滑ることはなく、走るのにはあまり影響はありませんでしたが、横断歩道の塗装された部分(白い部分)が結構滑る! なので横断歩道は塗装が無い横の部分を走ることにしてなんとか走れましたが、橋の上などはバリバリに凍っているところもあり、結構怖かったし気が抜けませんでした。

そして東京駅を通過して皇居広場に来ましたが、既に陽は昇っていて横断歩道も光っては見えなかったものの、若干気を抜いたためか、歩いて渡ったのに危うく転びそうになる程滑りましたよ。そして皇居前広場の舗装部分も結構ツルツルでした。油断大敵。

8時30分頃には無事オフィスに着きましたが、安全地帯であるはずの横断歩道が一番危険だと思った降雪翌日の早朝ランニングでした。


Posted by tom at 11:27 P | from category: 生活情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks